Legend of The Last Dragon −第四章−

「それじゃどうも」

「ありがとう、おじさん!」

「世話になったな」

「次はもう少しましな部屋を用意しておけよ」

「はいはい。じゃあお前さんたち、気をつけてな。ラマカサまでは、急げば日暮れまでに着けるはずだ」

宿の親父は四人に向かって大きく手を振った。

ハーディスの心地よい日差しが溢れている。しかし、季節は冬。月光の月に入ってからというもの、頬に当たる風は随分冷たくなっていた。双子は肩の荷物を馬にくくりつけ、自分たちも馬に跨る。もうすっかり慣れたものだ。シキは着ていた外套を脱いで馬の鞍に置く。そしてエイルを抱き上げると、その上に座らせた。

「どうですか、多少は具合がいいかと思いますが」

「うん、そうだな。前よりはいい」

イルバではあれほど遠くに見えた山脈も、今はかなり近くに見える。なだらかではあるが大陸を分断するシンジゴ山脈。その先には見た事もない世界が広がっているのだろう、とクリフは胸を弾ませた。手綱を握る両手に力を込める。山脈を越えた先もまだまだ旅は続くのだが、今は考えないようにした。物事を余り深く考えないのが、クリフの長所である。それは時に、彼の短所にもなり得るのだったが。

明け方早くに宿を出発した四人は、小さな村の中を抜けていった。こぢんまりとした村は数本の通りがあるだけで、すぐに端が見えてくる。そこからはまた、広い街道が南へと続いていた。

緩やかに曲がりくねりながら続く街道は、ほんの僅かずつだが上り坂になっている。イルバ付近ではあたり一面に田園風景が広がっていたが、ここらでは畑の数も少ない。人家も減っていくようだった。今は平らな石が敷き詰められた街道があるからいいものの、馬に乗ったまま山を越えるわけにはいかないだろう。クリフが惜しむように馬の首を叩いていると、後ろからシキの声が届いた。

「すまん、止まってくれ」

クリフとクレオが振り向くと、シキが馬を降り、エイルを抱き下ろしているのが見えた。双子は顔を見合わせ、肩をすくめる。

「またかぁ」

「まだ日も昇りきってないのに。早すぎよね」

言い合いながら馬を戻らせる。エイルが、休憩すると言い出したのだ。こういった、クリフたちにとっては早すぎる休憩は、最早日常茶飯事となっていた。

長時間馬に乗っていると体が痛むのだ、というのがエイルの意見だった。それは確かに正論だったが、問題は「長時間」という感覚が、クリフたちのそれとあまりにも違うことだ。馬を戻らせると、道端に――それもシキの外套を敷いた上に――エイルが座っているのが目に入る。クレオの呆れ顔にもめげず、シキに手渡された水筒から水を飲んでいる様子は、愛らしいと同時に小憎らしくもある。クリフはその風景を見ながら、昨夜よりはましか、と苦笑した。

「もう嫌だ!」

断固とした口調で言い放った一人を除き、その場にいる全員が溜息を吐く。目の前には湯気の立つようなスープに焼きたてのパン、体を温める酒、瑞々(みずみず)しい果物、それに極上の猪肉などが並べられていた。こんなにも豪華な食卓を囲んでいるというのに、誰もがうんざりしたような表情を隠せない。エイルはそれに気づいていないのか、それとも気づかない振りをしているのか、言葉を続けた。

「もう旅立つなんて、私は嫌だ。まだここにいてもいいではないか。そりゃ食事は質素だし、部屋は狭いし、布団は薄いが、それでも私はここにいるんだ。行きたければ、お前たちだけで行けばいいであろう」

宿の親父が目を丸くする。それを見てクレオは、まだ何か言いたげなエイルを制して口を開いた。

「そういうわけにいかないでしょ」

「偉そうに言うな。私は、嫌だと言ったら嫌なんだ! もううんざりだ。馬の背に揺られるのも嫌だし、埃っぽい道を歩くのも嫌だ。食事だって満足に出来ぬではないか。いつまで続くのだ、どこまで行ったら終わるのだ!」

クレオはあまりの言葉に腹を立て、いつものようにお説教を始めた。が、エイルは目を閉じ腕を組んで、あさっての方角を向いている。苦笑しているクリフには、エイルが文句を言う気持ちも分からないではなかった。もうずっと長い間、彼らは同じ毎日を繰り返しているのだ。

四人がイルバを発ってから既に数ヶ月が経過している。双子は十六になっていた。彼らはただひたすら、南へ向かって進み続けている。シキとエイルを過去の世界へ送り返すだけの魔力を持った魔術師を探しての旅。遥か南のシンジゴ山脈を越えて、更にずっと先にあるという港町コーウェンに、大陸一の魔術師が住むという。イルバの領主ダルケスが話してくれた情報を頼りに南へ向かってはいるが、それはいつ終わるとも知れぬ、果てしなき道程だったのである。

一日数十ロッカも馬に乗っていれば、体中が痛くなるのも道理だった。しかもエイルは馬に乗り慣れていない。元々外出など滅多にしない生活だったのだし、稀に外へ出る時は柔らかな羽毛を敷き詰めた輿に乗るのである。そんな育ちのエイルにしてみれば、ちょくちょく休みたがるのも、ある程度は仕方のない事だろう。街道沿いの村を辿りながら少しずつ進むしか出来ない旅に、少年王子だけでなく、双子も疲れてはいるのだった。クリフは小さく嘆息すると、彼の双子の妹を見やった。そのクレオはエイルに向かって言い聞かせているところである。

「気持ちは分かるけど、わがまま言ってもしょうがないのよ」

「わがままだと!」

「だってそうでしょ。みんな疲れてるのに、文句言ってるの、エイルだけよ」

「貴様、私に向かってなんという……! おい私を誰だと思っているんだ、いいか、私は……」

「そこまでにしておきましょう」

静かな、しかしきっぱりとした声がエイルを止めた。エイルは口を開きかけたところだったが、その声で沈黙した。しかし愛らしいその頬を膨らませている。それにちらと目をやりながら、シキは宿屋の亭主に話しかけた。

「騒がせてすまないな。そうだ、ここから一番近い街は確かラマカサと言ったな。どんな街だ?」

「かなりでかい街だよ。腕に自信のある者が集まるとこだ。あんたぐらいの剣士なら、いいとこ行くんじゃねぇかなあ……。あ、そうだ。あんたたちは南へ行くんだったな? ラマカサから山までは街がないから気をつけたがいいぜ」

「ああ」

「しかしこの子、エイルって言ったっけな。いいとこのぼっちゃんなのかい? 旅慣れてねぇようだなあ。こういう子がいると大変だよな」

「いやその」

「それにこの兄妹も、まあ見れば見るほどよく似てるよ! 気持ちわりぃくらいだな、おい」

「あのな……」

「ま、俺っちにゃ関係ねーけどなぁ!」

宿屋の親父はそう言うと、太った体を揺すって笑った。この男、歯に絹を着せぬ性格と言おうか、どうにも扱いづらい。豪勢な食事を用意してくれたり、エイルの布団を二重敷きにしてくれたり、悪い人間ではないようなのだが。仏頂面のエイルと気まずそうな双子を見ながら、シキは言葉を挟む隙も与えられずにいる。親父はその場の雰囲気など意に介さず、喋り続けていた。

「いやしかし大変だなぁ、この顔ぶれで山脈を越そうとはね。どういう旅か知らねぇが、あんたの苦労は尽きないだろうね、ご苦労な事だ! そうだおい、出発は明日の朝でいいんだったな?」

「あ、ああ。世話になったな」

「いやいやいやいやこっちこそ楽しかった。エイルぼっちゃんにゃなんだかんだと言われたがよ、まああんたらも大変な旅をしてるようだしな、うん。シキさんの苦労が目に浮かぶってもんだよ、はっはっは! あ、そうそう宿代は明日の朝でいいからな」

「……ああ」

シキはもう何も言うまいと愛想笑いを浮かべたが、親父の言葉尻に内心落ち込んでいた。懐具合を思えばやむを得ない。宿代を払えばほぼ無一文といった状態なのである。旅の途中、立ち寄った村などで雑用を請け負ったりはしていたが、その稼ぎだけでは四人分の路銀に到底足りなかった。本来ならば毎晩の宿は夜空の下、全て野宿で済ませるべきなのだが、王子と一緒ではそうもいかない。更に、エイルはいつでも清潔な格好でいたがる。服を毎日変えるというのは育ちのいいエイルにとって当たり前だったが、一般庶民には、それも旅人としてはとてつもない贅沢だった。とは言え、エイルの申し出をシキに断れるわけもない。食事や宿泊、服などにはシキが思った以上の支出が強いられていたのである。

――ラマカサにはしばらく滞在し、どうにかして金を稼がねばならんな。

双子や、まして王子に金の心配などさせるわけにはいかない。シキは気取られぬよう、小さく嘆息した。

レノアの街道は治安維持もしっかりなされており、危険な事はほとんどないと言っていい。イルバから数ヶ月、出くわした危険と言えば数匹の野犬の群れくらいである。その時もエイルが一人で騒ぎ立てたが、シキがあっという間に追い払ってしまい、事なきを得たのだった。

「どれだけレノアが安全か、という事だ。この時代でも王国騎士団が機能しているという証拠だな。……いいか、旅をしていくというのは本来、そう簡単なものではないんだぞ」

退屈というのがどんなに幸せなことか、と、シキは何度も言って聞かせた。クリフたちは、言われる度に頷きはしたものの、やはり物足りなさは否(いな)めなかった。彼らは何も自ら危険な目に遭いたいわけではなかったが、ほんの少し飽き始めていたのである。サナミィで想像していたような心躍る冒険はこれっぽっちもなく、南への旅は順調に、ただひたすら歩を進めるだけの単調なものだった。クリフは、「もう嫌だ、いつになったら終わるのか」、そう素直に言えるエイルがほんの少し羨ましい気もするのである。

ハーディスが傾き始める頃、クリフたちは本日四度目の休憩を取る事にした。ただし、今度はエイルが言い出したわけではなかった。

丁度分かれ道になっていて、角には目的地までの距離と方角を示す立て札が立っている。四人、正確に言えば三頭の馬が足を止める。立て札を見て、クレオがシキを振り返った。

「これ、なんて書いてあるんですか?」

「西へ行くとタースク、距離はおよそ千四百ロッカ。北へ、つまり戻るとレノアへ行く。距離はおよそ千二百ロッカ。で、このまま南へ進めばルセール、距離はおよそ二千ロッカというのが書いてある。つまりこれは道しるべだな」

双子は読み書きを習った事がない。それは覚える必要がないからで、田舎の子供としてはそう珍しいことでもない。レノア国全体の識字率は五割から六割程度である。都会の子供であれば読み書きくらいは習うし、貴族の子供であれば家庭教師がいるのが当然だった。エイルに至っては巨大図書館があるような王宮で、専属の教師が十数人いるような環境で育ってきた。双子の言葉は、エイルにしてみれば「飽きれた」としか言いようがない。

「字も読めないのか。困ったものだ。まともな教育すら受けていないんだな、庶民というものは」

「しょうがないじゃないか、そんなの」

「ふーんだ、これから覚えればいいのよ。ね、そうですよね」

言いながら、クレオはシキを振り返る。

「俺でよければ読み書きくらい教えられるぞ。そうだな、旅の暇潰しにも丁度良い」

「じゃあこれ、この立て札の字から教えてもらえませんか」

「それは良いが、二人とも、旅の途中は敬語を使わないようにと言わなかったか?」

「あ、ああそっか」

クリフが恥ずかしそうに鼻の頭をかくのを見て、シキは微笑んだ。シキやエイルの素性を説明出来ない一行は、旅の道中、身分差のない素振りで過ごす事にしていた。もちろん、エイルは大層ご立腹だったが。

「じゃあ、やり直し。えと……シキ、この看板は何て書いてあるの?」

「わざとらしいな」

「ちぇ」

エイルにからかわれ、クリフは唇を尖らせている。四人は馬を降り、休憩を兼ねて文字の勉強を始めた。

街道を辿っていると、旅人に出会う事も少なくない。特に多いのが商人たちの交易隊、いわゆる隊商だった。商人たちは旅の道中、互いの安全を高めるために馬や馬車などを何台も用意する。また彼らは、積み荷と商人の安全を守るために、金を出し合って傭兵を雇う。傭兵がいれば野盗も襲いづらいからだ。そうして大人数で移動する商人の団体を「隊商」と呼ぶのである。

字の勉強をしていたクリフたちの前を通りがかったのも、そういった隊商の一つだった。タースク方面からやってきたその隊商は、どうやらここで二手に分かれるようだ。先頭に立っていた男が傭兵頭のようで、傭兵たちに指示を与えている。商人たちが荷物を積みなおし、馬車が北行きと南行きに分けられる様子を見ていると、暇そうにしていた傭兵たちの一人が近づいてきた。濃い青髪の傭兵は青銅の軽装鎧を身に着け、安そうな剣を腰に差している。

「よう、あんたらどっちへ行くんだ」

その粗野なしゃべり方は、四人に良い印象を与えたとは言えなかった。素早く立ち上がっていたシキが、さりげなくエイルを後ろにかばう。どんな人物とも知れぬ相手を主君に近づけさせまいとするのはシキの習性である。今では無意識にやってのける。

「俺たちは南へ行く」

「じゃあ俺と一緒だな、おい。え、どこまで行くんだよ」

「答える義務はないと思うが」

「あぁん? 随分と冷てぇなあ。別にいいじゃねぇか。なぁおい、何もついてこうってんじゃねぇんだしよ」

「……とりあえずは、ラマカサまで行くつもりだ」

「へーぇ、今からじゃ急がねぇと日が暮れちまうぜ、ひゃはは」

シキと傭兵は向かい合うように立っていた。双子はさりげなく顔を隠しながら、事の成り行きを見守っている。ふと、傭兵は真剣な眼差しになり、腕を組んでじろじろとシキを眺め回した。

「ははぁ、あんた剣士か。いい体つきしてんなぁ。それにその剣、すげぇ値打ちもんだろ、いや俺には分かるぜ。そんな長いの振り回せるってんなら、よっぽどの腕だね……ラマカサ行くっつったなぁ? んじゃ、また闘技場で会うかも知れねぇな。そんときゃ、よろしく頼むぜぇ」

そう言ってにやりと笑う。後ろから傭兵頭の声がかかり、傭兵はお呼びだとばかりに身を翻して去って行った。商人たちに合わせて、傭兵たちも二手に分かれるとそれぞれ馬に跨(またが)る。四人の目の前を隊商が通り過ぎ、がらがらという馬車の音が遠ざかっていく。

「さあ俺たちもそろそろ出発しよう」

この調子では、日が暮れる前にラマカサへは到底着けないだろう。しかしシキとしては、出来る限り歩を進めておきたいところだった。再び退屈な道のりを辿り始めた彼らの中で、クリフとクレオが首を捻っている。

「どうした」

「や、その……」

「さっきの人が言ってた、闘技場って何なのかなって」

サナミィのような田舎の村には大きな施設が全くと言っていい程なかった。一番大きい建物と言えば、二階建ての村長の屋敷である。イルバのような大きな街には闘技場がある場合が多いのだが、生憎(あいにく)クリフたちはいまだに見た事がなかった。田舎育ちの双子にとって、闘技場などというのは聞いた事もない単語だったのだ。素朴な疑問に、シキが優しく答える。

「何というか……まあ簡単に言えば金稼ぎが出来るところだ。一人対一人で闘い、勝った者に賞金が与えられる。地方によっては賭けが行われるところもあるらしいな。勝ち進めばいくらでも儲かるわけだが、無論それだけの強さがなくてはな」

「それじゃシキ様……じゃなかった、シキが出れば絶対勝つんじゃない? 私たち、お金持ちになれるかな」

クレオが興奮気味に言うと、今まで黙っていたエイルが馬鹿にしたようにクレオを睨んだ。

「貴族が出るわけないだろう。あんなのは一般階級市民がやるものだ。まあ、見世物としては面白いけどな」

「何よ、えっらそーに。どうせあんたなんか出たって一回も勝てないから」

「なんだと、貴様!」

「まあまあ」

馬上で睨み合う二人に、シキが仲裁に入る。

「貴族が出てはならんという決まりはないが、出たがる者はまずいない。騎士には王宮での正式な儀式や祭典がある。腕試しはそっちでやればいいのだからな」

「そっか。……うーん、想像も出来ないなあ。今はこうして並んでるけど、シキもエイルも本当はお城にいてさ、俺たちなんか口も利けなくてさ……って、こういうのも話さない方がいいのかな」

「今はいいが、人のいるところではやめておいた方が無難だろうな」

シキはそう言って笑う。このところ、シキがよく笑うようになった気がする、とクレオは思った。レノアの城下町やイルバで再会した頃は、シキはいつも考え込んでいて辛そうだった。しかし近頃は、こうして声を上げて笑うことが心なしか増えたような気がするのだった。クレオは心の中でそっと呟く。

――笑ってる方が、いいな。やっぱり……。

「シキ、私は疲れたぞ」

クレオの思考に割り入った声の主は、言わずもがなエイルである。体を捻ってシキに馬を止めるよう指示している。クレオは空を振り仰いだ。吐き出した息が、広々とした冬空に吸い込まれていく。

左手に広がる空に夕焼けが滲んでいる。右を見れば、地平線近くに小さな星が輝きだしていた。ひんやりとした夜が、ひそかに忍び寄ってきている。

遥か遠くまで緩やかに続いていく丘。その間に畑や街道が見え隠れし、家々が寄り集まった小さな村もぽつんぽつんと見える。遠くに見える地平線を辿って見ていけば、これから進む先、南の方角にはシンジゴ山脈が黒々としたその姿を横たえていた。

「いつまでかかるんだ、この私を寒空に放り出したままで、手間取りすぎだぞ」

天幕を張ろうと悪戦苦闘しているクリフとクレオに向かって、エイルが高飛車に言う。シキは薪を拾いに行っているし、双子は忙しい。エイルに構っている暇はない、という態度が、癪にさわって仕方がない。しかし彼は、口が裂けてもそれを言うつもりはなかった。クレオは「これ以上喧嘩しても始まらないよ」とクリフになだめられ、聞こえない振りを装っている。無視された事に腹を立てたエイルは、ひときわ声高になった。

「レノアの王子たる私が、お前たちに合わせて野宿してやるというだけでも、大変な譲歩なのだぞ。これだけお前たちに合わせてやっているのだから、私の座る場所くらい提供したらどうなんだ」

二人は相手にしている暇はないとばかりに、黙って作業を続ける。エイルはひるむ事もなく、いよいよ早口でまくし立てた。

「全く、王子たる私が野宿だなんて、信じられないな! 月明かりの下で、土の上に寝ろだなんて極悪非道だと言うんだ。食事すら机でさせないとはひどいものだ。ああ私はなんて惨めなんだ。運命の神クタールよ、レノアの守護神にして知恵者であるバダッフよ、こんな事が許されていいものなのだろうか」

「ちょっと!」

「なんだ」

「『なんだ』じゃないでしょ、私にはクレオって立派な名前があります! それより、いくらなんでも言いすぎよ。何度も言うけどね、辛いのはみんな同じです!」

「王子である私と一般階級であるお前たちが、同じで良いはずがあるものか。いいか、私は寛容だ。羽の布団と柔らかな寝床を用意しろとは言わん。ただ座る場所を用意しろと言っているだけなのだ。あと、食事ももう少しまともなものを用意してもらいたいものだな」

「もう! 何度言ったら分かるの? 出来るわけないでしょ、そんな事!」

「ク、クレオ、まあいいじゃない。エイルは王子様だもの、こういう暮らしに慣れてないんだよ」

「何言ってんのよ、クリフまで。だからって何言ってもいいって事にはならないじゃない!」

怒り心頭に達したとでも言うように、クレオは顔を赤くして喚き散らしている。当のエイルはといえば、出来上がった天幕の中にもぐりこむ始末。それを見たクレオは、再び沸騰している。そこへシキが帰ってきた。

「クレオ」

「あ……」

「気持ちは良く分かる。だが、エイル様はこちらへ来て間もない。クリフが言うように、元々の生活とはかなり差もあるし、ある程度は目をつぶってやって欲しい。頼む」

シキの深い緑の目に見つめられると、急に黙るクレオである。クリフがその顔を覗き込み、無邪気に尋ねた。

「何だよ、そんなに落ち込むなよ」

「……馬鹿っ」

「何で俺が馬鹿なんだよ?」

「いいの! ほら、薪に火をつけなきゃ!」

シキはその様子を見て微笑んだ。

――サナミィで初めて出会った頃は全く見分けがつかなかったものだが……。

サナミィでの事が、もうずっと遠い昔のような気がする。たかが半年、されど半年。相変わらず仕草などはそっくりだが、双子はそれぞれに成長している。クリフはこのところ成長期なのか、よく食べるようになり、シキが毎日欠かさない訓練に付き合うようになった。変声期を迎えたのか、かれたような声でしゃべる事もある。クレオは逆に声が少し高くなってきたように思える。野宿をする時はクレオが料理を作る。元々好きで得意だと言うが、限られた食料で様々なものを作り出す知恵は感心に値するものだ。

双子とはレノアで別れ、イルバで再会し、それからずっと一緒に旅をしてきた。最初の頃は、王子であるエイルに加え、旅慣れていない二人を足手まといとすら思ったものだったが、もうそんな事はない。まるで弟と妹が出来たように、シキは同じ顔の二人を大切にしていた。

エイルは天幕の中でくつろぎ、クリフとクレオは火を焚きつけるのに夢中になっている。それを見やって、シキは再び顔をほころばせた。質素ではあると同時に、無駄のない生活。旅の暮らしは楽ではなかったが、シキにとっては、宮廷暮らしよりも性に合っている、という気がするのである。

冬の寒さが彼らを包み、焚き火のはじける音とともに夜は更けていった。

一本の街道が、レノア城下町から南へと出発する。とりあえずの到達点はシンジゴ山脈だ。山脈を越えた向こうは砂漠、そしてルセールである。山脈付近は荒地で、人家もかなり少なくなる。このあたりを通るのは旅人ばかりだった。そんな彼らが必ず足を止める町がある。それがラマカサだった。山脈のふもとにある大きな街で、人々はここで旅の鋭気を養ってから山を越える。

「うわぁ、広い!」

同時に言ったのはクリフとクレオである。

まるで大河のような幅の大通りが、彼らの前に延びている。通りには大勢の人が溢れ、今までの荒野が全て夢のように思える程だった。規則正しい建物の列と、等間隔に植えられた街路樹。均整の取れた美しい町並みが広がっている。シキはこれでようやく人心地がつけると安心し、双子は早速街を見に行きたいと言い出した。いつもは仏頂面のエイルも、珍しくはしゃいでいる。

「シキ、ここにはしばらくいると言ったな? な?」

「そうですね。まずは宿を探さなくてはなりませぬ」

「よかろう。ではシキは私と宿を見聞に行こう。いい宿を探そうな」

「はっ。では、クリフたちは買い物がてら町を見物してくるといい。遅くとも日暮れの鐘までにここへ戻ってくるようにな。危なそうなところへは近づくなよ」

「はーい」

「もう、子供じゃないんだから大丈夫です……じゃないや、大丈夫だって!」

シキが苦笑して手を振るのを見ながら、二人は嬉しそうに駆け出した。クレオはすぐに洋服屋を見つけて入っていく。クリフは一緒に行こうかなとも思ったが、少し考えるとそれを止め、町の中心部へ向かって歩き出した。

――本当に、何もかもが大きいや。

きょろきょろあたりを見回しながら歩いていると、誰かが肩にぶつかった。相手はひらりと身をかわす。勢い余ってもんどりうったクリフに手を差し伸べたのは、布の服と革の胸当てを身に着けた女だった。

「注意して歩きなよね」

クリフよりいくつか年上だろうか。短く切った茶の髪は少々赤みがかっていて、彼女の瞳の色によく似合っている。余計なものは身に着けていない格好。もう冬だというのにすらりとした腕や足が露出されていて、クリフは思わず目を背けてしまう。何故だか、見てはいけないもののように思えて気が咎めた。

「す、すみません」

「あたしはいいけどね。前見て歩かないと田舎もんってばれちゃうよ」

あはははは、と明るく笑う。悪い人じゃなさそうだな、とクリフは思った。軽く手を挙げて行こうとする彼女に、思い切って声をかける。

「あ、あの、俺こんな大きな町初めてで……だから何がなんだか……その、もし良ければ案内してもらえませんか?」

「やっぱり!」

「え?」

「い・な・か・も・ん!」

「……」

「あ、ごめんごめん! 馬鹿にしてるわけじゃなくって。喜んで案内引き受けるよ。さ、行こう」

男のような、さっぱりした口調で言うと、姿勢良く、足早に歩き出す。クリフは慌てて後を追った。追いついて初めて、自分は彼女より背が高いと気づく。見回せば、近くを歩いている人に比べて自分の背は意外と高いような気がする。

――背が伸びてるんだろうか。そういえばここんとこ、足が痛いと思ってたけど……。

夜、体のあちこちが軋(きし)むように痛む事がある。シキに相談すると、成長期にはよくある事だと言われた。考えてみれば、レノアの城下町では、まるでみんなが覆いかぶさってくるように感じるほどだったのが、今ではそれほどでもない。彼の身体は少しずつ、しかし確実に成長しているようだった。

「……で、あの奥が闘技場よ。それでもってこっちの八百屋を曲がると……ほら、さっきのとこに戻ってきた」

最初に二人がぶつかったところまで戻って来ると、彼女は両腕を腰に当てて言った。サナミィのあったマグレア地方では見かけない顔立ちに、異国の香りがする。晴れやかな顔を見て、クリフは「何だか俺まで笑顔になっちゃうな」と思った。

彼女の案内は的確で、分かりやすかった。彼女についていくつもの通りを歩いたが、朝から馬に乗り続けて疲れていた事を、クリフはいつしか忘れていた。

「まあこんなとこかな。とにかくここは店も多いし、武器や防具を買っておいて損はないと思うよ。そうだ、武器で思い出したけど、あんたは何をやってるの?」

「何を、って?」

「職業さ。あたしは、もう言ったっけ? 戦士、武闘家って奴なんだけど」

「えっと、何もしてないです」

「旅してるんだよね? じゃあないって事はないでしょ」

「でも……」

「ま、しょうがないか。見たとこ十五、六ってとこだしね。それにしても、何も知らないんだね。一緒に旅してる人も教えてくれなかったの?」

それじゃこの先も大変だよ、と彼女は言う。クリフは子供扱いされた事が気にはなったが、何を言えば良いか分からずに鼻の頭をかいた。

日暮れを告げる鐘が鳴り始めた。耳に心地いい鐘の音が、暮れなずんだ茜色の空に響いている。

「あ、そろそろ待ち合わせの時間だっけ。じゃあ夜になったらさ、そこの酒場へおいでよ。旅の心得とかについても話したげるから。どう?」

「う、うん。あ、いやその、よろしくお願いします」

「そんなかしこまらなくていいって! じゃ、また後で」

そう言うと、もうさっさと歩き出している。クリフは軽く手を挙げている後ろ姿を見ながら、相手の名前すら知らない事に気づいた。さっぱりとした性格としゃべり口はクレオにちょっと似ているかもしれない。けれど、クレオとはやはり違う。クリフはしばし考えたが、よく分からなかったので諦めた。待ち合わせの門のところへ戻ると、クレオが手を振っている。

「エイルがお腹空いたとか言ってさ、もう食事始まってんのよ。わがままよね」

「しょうがないさ。俺もお腹空いたなー」

「そうだね、早く行こ!」

「うん!」

腹を満たす食事に暖かい部屋。エイルに言わせれば「野宿よりはまし」という程度らしいが、その宿はとても清潔で綺麗だった。クリフやクレオは、久々の人間らしい生活に大満足といったところである。

大抵の宿は、大部屋に大勢で泊まる形式だ。安い宿ともなれば老若男女に関係なく、薄い毛布一枚を渡されて土の床がむき出しの部屋に通される事もある。しかしエイルが探してきたこの宿には、小さいながらも個室があった。老夫婦が、結婚して出て行った息子たちの部屋を貸し出しているのだという。クリフとクレオは本当に久しぶりに、二人の部屋で寝られる事になった。

夕食後、布団に顔を埋めて幸せそうにしているクレオに、クリフは外出の旨を告げた。

「え? 何、クリフ。こんな時間からどこに行くって言うの? もう、まっ暗だよ」

「あの……ちょっと、うん……その、さ」

クリフが慌てていると、隣の部屋にいたはずのシキが部屋の入り口で笑い声を立てた。

「クレオ、クリフにも事情と言うものがあるんだろう。行かせてやればいいじゃないか。なあ、クリフ。大事な用じゃ仕方ないよな?」

「そんな、大した用事じゃないけど……」

クリフはもごもごと口ごもる。

「本人が言いたくないことを無理に聞くのは良くない事だな、クレオ?」

「そりゃそうだけど、でも……だって」

「クレオ、俺さ、そんなに遅くならないと思うし……」

「どこに行くの、って聞いただけじゃない」

「それは、ちょっと、その辺……とにかく、すぐ帰ってくるってば!」

そう言うとクリフはシキの脇をすり抜けて、そそくさと出て行ってしまった。階段を降りて行く音が次第に遠ざかる。

「何よ、クリフってば。今まで私に隠し事なんかしなかったのに……」

「まあ、こういう事もたまにはあるだろう。その内きっと話してくれるさ。あまり気にしすぎない事だ」

シキはしばらくクレオをなだめていたが、エイルのお呼びがかかって隣の部屋へと戻っていった。シキの言葉に少しは落ち着いたものの、クレオはどうも納得がいかない。布団の上で、膝を抱える。今までにない、クリフの表情や言葉に戸惑いが隠せなかった。最近、クリフの背が伸びている事や声が変わっている事には気づいていた。シキと訓練をしているからだろうか、腕や足に筋肉がついてどんどん男らしくなっていくクリフ。自分はといえば、腕やなんかは細いままなのに、胸と腰が丸みを帯びてきている。

「ずっと、一緒だったのにな……」

小さく呟くと、突然悲しくなってきた。知らず、頬に一筋の涙が伝う。

幼い頃から二人は互いの半身だった。同じ顔で同じ時に生まれてきた子供などどこにもいない。きっと自分たちは一人で生まれるはずだったんだと話し合った。姿も顔も声も同じで、どっちがクレオでどっちがクリフか分からなかった、子供の頃。服を取り替えて親を驚かせた事もあった。これから先も、ずっと二人で生きていくものだと思っていた。誰も自分たちの間には入り込めないし、お互いがお互いの事を一番理解しているはずだった。

「私たちは二人で一人だって言ったじゃない……お兄ちゃんの馬鹿……」

クレオは普段、クリフを名前で呼ぶ。クリフの方が兄ということになっているが、クレオは「お兄ちゃん」とは滅多に呼ばなかった。しかし今日は、クリフが自分を置いて大人になった気がしていたのだろうか。思わず口をついて出た「兄」という言葉に、彼女自身は気づいていないようだ。

「いいよ、もう! 知らないからっ」

寂しさが苛立ちに取って代わったのか、クレオは拗ねて布団をかぶった。

夜の街はクリフにとって随分と刺激的だ。酒に酔って千鳥足の人々。身奇麗な女が客の袖を引いている薄暗い路地。昼間と同じ道のはずなのに、クリフには全然違う場所に思えた。

自然と顔が笑う。クレオに隠し事をしているという後ろめたさはあったが、それよりも、誰にも知られないでいけない事をしているようなわくわく感が彼の足を弾ませていた。自分一人で酒場へ行くなど、クリフにとってはもちろん初めての経験である。田舎者に思われぬよう背筋を伸ばし、きょろきょろしないようにして歩いていく。

約束した店はそう迷わずとも見つけられた。入る時は少し躊躇われたが、思い切って扉を押す。中は人々のざわめきと熱気が渦巻いていた。屈強な傭兵や、吟遊詩人と称される遊び人たちが溢れかえっている。喧騒渦巻く酒場。男どもの間から、時折甲高い笑い声が聞こえる。酒場女たちだ。クリフはその雰囲気に面食らいながら、半ば必死で見覚えのある女性を探した。

彼女は、奥まったところにある席に座っていた。横から二人の男に話しかけられているが、面倒くさそうに手を振って追い払おうとしている様子だ。クリフが来たのに気づくと、笑顔で手招きする。クリフはほっと胸をなでおろした。

「迷わなかった?」

ミコルという酒を注文しながら、彼女は再びクリフに笑いかけた。

「はい、大丈夫でした。あの、実は名前を聞き忘れてて……」

「あ、そうだったっけ? やだ、ごめんね。私はアゼ。アゼミルイーナって長い名前なんだけど、みんなアゼって呼ぶから。あんたは?」

「俺は、クリフ」

「そう、じゃあクリフ、二人の出会いに乾杯。なんてね」

出された二つの銅杯には、綺麗な赤い酒が注がれている。「それほど上品な飲み物じゃないから、酔っ払わないように気をつけなよ」と言いながら、アゼは一気に飲み干した。

「強いお酒なんじゃなかったの?」

クリフが指摘すると、声を立てて笑う。

――よく笑う人だなあ。

そう思いながら、クリフもつられて笑ってしまう。

筋肉がついてはいるが、戦士という職業についている割には細い腕や足。額に巻いた布は腰紐と同じ柄で合わせてある。赤みがかった前髪が少し額にかかっていて、時折頭を振ってそれを跳ね上げる仕草が印象的だった。朗らかに、声を上げて笑うけれど子供っぽくはなく、年はそう違わないはずなのに大人の余裕を感じさせる。クリフにとって、彼女は何故か眩しく見えた。

再会を祝し、杯を交わすと、クリフは簡単に仲間を紹介し、旅の目的を説明した。四人でコーウェンに行こうとしている事、出会えるか分からないけれど大陸一の魔道士を探している事……。自分たちが旅立ったのは運命だったんだよ、と言ったところで、アゼが大きな声を立てて笑った。クリフはむっとして、自分の母の予見に間違いはないんだと主張した。

「笑って悪かったわ」

アゼは神妙な顔をして謝っている。クリフは慌てて「い、いいんだ」と両手を振った。

「そっかあ、じゃあ国を出て数ヶ月、世間知らずのまんま旅してきたって感じね。職業に関しても知らなかった言うの、頷けるわ」

「サナミィにいた時は、考えもしなかったよ。あ、母さんが自分は昔、司祭だったって言ってた」

「すごいじゃない。司祭って特別なのよ。認定されるには技術だけじゃなくて、何か特別な条件が必要らしいって話を聞いたことあるな。詳しくは知らないけど」

「そういう職業って、誰が決めてるの?」

「ギルドよ。ここラマカサにもあるけど、大きな町なら大概あるわ。大陸共通の試験を受けて、技術認定書ってのをもらうの。戦士とか剣士とか、そういう職につきたいなら闘技場にギルドがあるわ。魔術師とか僧侶になりたいなら魔法ギルドね。試験は相当難しいけど、認定されれば、武器とか自分の職業の物が安く買えるようになるよ。それに宿屋にも安く泊まれるし、身分も保証されるし……旅をするなら、何でもいいから職業につく方がいいの。分かった?」

「そうなんだ。全然知らなかったなぁ」

「そりゃしょうがないわよ。でももう分かったんだから大丈夫でしょ。大体、四人とも認定書なしで旅してきたなんて、お金は大丈夫なの?」

「さっき話したけど、シキっていうお兄さんが持ってるんだ。後どれくらいなのかは……俺らは知らないよ。でも、シキは大丈夫って言ってる」

「お金は使ってれば、いつかはなくなるのよ。大丈夫なわけないじゃない。あんたも男なら、そのエイルだとか、妹だとかを守ってあげなくちゃね。闘技場は認定書をもらえるだけじゃなくて、お金も稼げるから、ちょっとはかっこいいとこ見せてあげなよ」

「うん!」

綺麗な目でまっすぐにこちらを見る少年を見て、アゼは満足げに笑った。それを見たクリフも、嬉しそうに笑う。酒場の小さな窓からは、メルィーズが白く輝いているのが見えていた。

酒場の夜は長い。もう真夜中だと言うのに、人々の熱気は静まる事がないようだった。それどころか、あちこちで議論に火がつきはじめている。クリフは真剣に彼らの話に聞きいっていた。アゼも、自分の知っている話や最近聞いた噂話を交えて周りの男たちやクリフと熱い議論を繰り広げている。所詮彼らの話は推測の域を出ないのだが、それでも色々な情報を得ることが出来た。「酒場は情報交換の場でもあるわけよ。全部信じるわけにはいかないけど、利用しなきゃ損だから」とアゼがめくばせする。クリフもそれにめくばせを返す。自分も大人の仲間入りをしたような気がして、クリフは嬉しかった。

少し離れた場所で怒号が響いた。どうやら酔っ払いが喧嘩を始めたようだ。酒場の喧嘩はしょっちゅうの事、周囲の奴らは面白がって見物している。しかし酒場の従業員にとっては大問題である。酒を運んでいた男が、物が壊れてはと間に割って入ったが、もののはずみで弾き飛ばされた。その身体が大柄な男の背に当たって、男は頭から酒を浴びた。ゆらりと立ちあがる男。その顔が赤いのは酒のせいと怒りのせい、両方だ。そこでも掴み合いの喧嘩が始まる。たちまち騒ぎは店全体に広がり、クリフがそれに気づいた時にはあちこちで喧嘩が始まっていた。クリフのすぐ近くで、背が高くて細い男と商人風の太った男が喧々囂々(けんけんごうごう)とまくし立てている。

「てめぇ、俺の酒をどうしてくれんだ!」

「何言ってやがんでぇ! そんなとこで飲んでんのがいけねーんだ、このでくの坊っ!」

「何だと、このデブ!」

「き、き、貴様、言っちゃなんねぇことを言ったな!」

そこへ店の主人が飛び込んで叫ぶ。

「止めてくれって言ってんだよ、店が壊れるじゃねえか!」

「こんなちんけな店一つでぐだぐだ言うな!」

「この野郎、俺の店をなんだと思ってんだ!」

ついに店の主人までが殴り合いを始めてしまった。こうなるともうどうしようもない。しまいには剣を抜く者まで現れて、店中が混乱を極めた。クリフはアゼを見失って、喧嘩の嵐をかいくぐっていた。後ろから、誰が投げたのか小さな短剣が飛んでくる。あたりは耳を押さえても聞こえるほどの騒ぎで、クリフは気づくはずもない。あわや、というところでアゼが椅子を振り上げた。短剣はその椅子の足に当たって床に落ちる。

「こんなとこにいられないよ、さっさと出なきゃ駄目!」

椅子をその場に投げ捨てながらアゼが叫ぶ。叫びでもしないと、隣にいてもよく聞き取れないからだ。クリフは焦って頷き、二人は店の出口に向かって突進した。出口まではかなり遠い。扉に辿り着くまで、大勢の人間に絡まれ、騒ぎに巻き込まれた。クリフは必死で応戦しようとしたが、とても敵いそうにない男たちばかりがかかってくるように思える。その度にアゼが大声で啖呵(たんか)を切ってクリフをかばう。

「女子供に向かって剣振りかざすなんて、男の風上にも置けないよ! そこをどきなよ! ええい、どきなったら!」

ついにアゼは目の前の男の腹に肘を叩きこみ、鼻面を蹴り上げた。倒れた大柄な男をひょいと飛び越え、クリフに向かって親指を立てて見せる。

――俺、アゼに守ってもらってるんだ……くそっ、ソルよ、どうか俺にも力を与えてください。

戦いの神は聞き届けるべき祈りが多すぎたのだろう、クリフの願いを叶えている暇はないようだった。ようやく二人が店を抜け出した時には、クリフはそこかしこに傷やあざを作り、アゼとともに息を切らしていた。

「あーあ、こりゃひどいわ。血が出てるじゃない。大丈夫?」

腕の傷が痛くてたまらなかったが、クリフは平気な顔で笑ってみせた。

「もちろんさ。平気だよ。アゼこそ、怪我はないの?」

「あたしは武闘家だもん。こんな事くらいじゃ何ともないよ」

彼女はそう言って笑う。アゼとクリフは服をはたいて、埃を落とした。店の中からはまだ大声が響いてきている。

「さてと。そろそろ帰った方がいいんじゃない? 思ったより遅くなっちゃったね。みんな心配してるかも」

「分かってる、もう帰るよ。……アゼ?」

「ん?」

「まだこの街にいるの?」

「それは、また会いたいって意味かな」

アゼは、意地悪そうに笑ってクリフの顔を覗き込んだ。短い髪が顔にかかるくらいまで、彼女の顔が近づく。さっきまで埃っぽい店の中で暴れていたというのに、その髪はとても良い匂いがした。クリフは自分の顔が赤くなるのが分かった。

「残念だけど、明日あたりここを立つんだ。あたしもやる事があるし」

「どこへ行くの?」

「バシェスの、旦那のとこに帰るんだよ。彼は傭兵でさ、遠い国へ戦いに出てたんだけど、やっと帰ってくるんだ。あたしもバシェスに帰らなくちゃ」

「そ、そっか」

「クリフ、こうやって人と人は出会い、そして別れていくんだね。あたし、あんたに会えて楽しかったよ。またどこかで会えるかもしれないけど……」

「その時にはきっと認定書を見せるよ。俺、弓が得意なんだ」

「ん、楽しみにしてる。……じゃね」

軽く手を振ると、アゼはクリフに背を向けた。そして彼女らしく早足で、姿勢良く歩いていく。角を曲がって行ってしまうまで、彼女が振り返る事はなかった。クリフはその後姿から目をそらさずに立ち尽くしていた。ふいに目頭が熱くなる。身を翻して走り出す。痛い腕の傷など、思い出しもしなかった。クリフはそのまま宿まで、一度も立ち止まらずに走って帰った。

まだ朝もやが残る頃、シキはそっと布団を抜け出した。エイルが起きぬよう、音を立てずに支度をすると階下へ降りる。老夫婦は既に起きていて、朝食を作ってくれた。彼らにことづけを頼み、軽い木の扉を押して通りへ出ていく。

――いくら俺でも、鎧を終始着たままでは肩が凝るというものだ。

シキは腕を伸ばして、大きく伸びをした。いつもは旅行用の軽装鎧を身に着けているが、これからしばらくラマカサにいるとなれば必要はない。宿に荷物を置いて出たので、非常に身軽だった。防寒用の外套を着て、腰には常に身に着けている長剣を差しているといった程度である。深呼吸をすると朝の冷たい空気が肺に満たされ、気持ちが良い。今日も晴れそうだ。空を見上げたが、ハーディスはまだ顔を見せていなかった。

――こんなに朝早くから出かけるのか。

夜が明けるかどうかというところなのに、交易商人たちの荷馬車が通りを行き交っている。大きな荷台に野菜かごを山と積んで、それを懸命に引いている男とすれ違った。

「おはようさん。早いねえ」

「ああ、そっちも早くから精の出ることだな」

深いあごひげをたくわえ、骨ばった手の男は台車を重そうに引いていった。

シキは町を把握するために朝早くから出歩いているわけだが、通常であればこの時間、人通りは少ないのが道理だろう。シキはそう思ったが、何故か次々と人にすれ違う。

次に大通りを歩いてきたのは、長い外套に身を包んだ数人の旅人だった。彼らは一様に楽器と思われる箱や入れ物を抱えている。先を急いでいるのか早足で歩いてくる男たち。すれ違う時に挨拶すると、数人が帽子を少し持ち上げて挨拶を返してきた。

「良い旅を」

「ありがとう、そちらも良い旅をね」

軽く笑うと箱を持ち直して去っていく。彼の持っているのは大きさとその装飾からして横笛と思われた。吟遊詩人たちの集まりだったのだろう。彼らは次の町へ、人々を楽しませに行くのだろうか。

そう思いながら南へ向かって歩き出したところへ、大勢の足音が近づいてきた。すぐに、朝もやの向こうから旅人の一団が姿を現す。商人や護衛の傭兵たちの他に、紺のローブを身に着けた者が数人混ざっている。アステミカの神官たちである。

ミュルク地方のアステミカという町には、質素な造りの神殿がある。それなりに大きな神殿だが、ここに常駐する信者は少なかった。アステミカの神官は旅行の神アステを信仰し、大陸中を旅して回っているという女神アステへ祈りを捧げるために、彼ら自身も放浪の旅に身を投じているのである。アステミカの神殿は各地にあり、信者はそこへ辿り着くと最低一ヶ月間の無料奉仕をする。そして再び旅立ち、他の神殿を目指すのである。大陸中を旅して回るのは容易な事ではない。しかし、各地の神殿をどれだけ回ったか、というのがアステへの信仰の深さを示すので、信者たちは懸命に旅を続けるのだった。

神殿はそれぞれの地で、有力者の寄付によって建てられ、また運営されている。寄付する事が彼らの名声を上げるので、金持ちはこぞって神殿に寄付をするのだ。神殿では教育や医療などが無料で受けられるため、誰もが自分の町に神殿を建てたがる。こうしてアステミカの神殿はその数を増やし、信者たちが行くべき場所も徐々に増え続けているのであった。

もちろん、ラマカサのような大きな街には必ずと言っていいほどアステミカ神殿がある。彼らも、その服装から分かるようにアステミカの修行僧だったが、恐らくラマカサの神殿で働いていたのだろう。そしてその進む方角からして、先程の吟遊詩人らと同じように、また別の町へと旅立っていくようだった。彼らはみな紺色の大きなローブに身を包み、特有の図案を象ったしるしを胸に飾っていた。

「おはよう。あなた方もこんな朝早くから旅立つのか。女神アステは余程早起きなのだな」

シキが話しかけると、ローブの信者たちは愛想よく足を止めた。

「ここラマカサでは、南へ行く旅人はみな朝早く旅立ちます。訳があるんですよ」

「というと」

「南へ行くにはシンジゴ山脈を越えなければなりません。けれどこの先は馬車などが使えないんです。となれば歩いていくしかないわけですが、次の町デュレーまではゆうに十五ロッカはあるんですよ。早朝に出ても、着くのは日が暮れてからですね。ここらは治安も悪いそうですから……」

「そういうことか。道理で先程から、すれ違う人がみな急いでいると思った」

「旅慣れている者であれば夜明け前に出発するでしょう。我々は遅い方です。それではこれで。あなたにアステ神のご加護を」

彼はそう言うと、右手を軽く揺らした。彼らアステミカの信者たちは、出会った人々に必ず、旅行の神アステの加護を祈る。シキは微笑んで頷いた。

「良い旅を。ハーディスの光があなた方を照らしますよう」

南の空にはメルィーズがかすかにその姿を写し、町にはハーディスの眩しい光が差し込んできている。家々の煙突からは煙が立ち昇り始め、大通りを歩く人々もさらに増えてきた。いつの間にか、そこらの店もいくつか開いている。朝もやも、最早すっかり晴れている。活気のある朝の雰囲気が溢れ出していた。

「さて……そろそろ闘技場も開いた頃か」

少し癖のある黒髪を手で軽くかきあげ、シキは再び歩き出した。

円形のすり鉢状になっている闘技場は、その中央に大きな石舞台が設置されており、それは四箇所に分けられていた。各競技が舞台のそれぞれの場所で行われるのだ。闘技場に入るには表と裏、二つの入り口がある。表の一つは見物のための一般入り口、裏の一つは出場者のための入り口になっていた。

中央通りの突き当たりにあるその巨大建築物を見上げ、クリフは眩暈(めまい)がするようだった。今までに見た事のあるどんな建物よりも大きい闘技場は、十六歳の少年を威圧するに足る大きさである。つたの絡まる石塀が彼の目の前に立ちはだかっていた。

――認定試験をやってるってアゼが言ってたの、ここだよなぁ……。

クリフは自分がいかに弱く、卑小な存在であるかを思い知らされたような気がして、足がすくんだ。屈強な体つきの戦士が自分を追い越していく。その体格は、とても比べ物にならない。彼らの太い首や腕、足。いくら成長期とは言え、まだまだ小さく細いクリフは怖気づいた。

――で、でも、このままってわけにいかないんだ。

自分にそう言い聞かせる。勇気を振り絞り、クリフは闘技場の中に足を踏み入れた。入り口の立て札に「出場受付。今月の認定試験は十四日、武闘大会は十五日」と書いてある。しかしクリフには読めない。立て札の前で立ち止まりはしたものの、読めないものはどうしようもなかった。

――考えててもしょうがないよな。

立て札を通り過ぎ、闘技場の裏手へ回る。クリフが踏み込んだ出場者受付の部屋は薄暗く、男たちが集まっていた。広い部屋だが明かりは少なく、むしろ狭苦しい印象がある。剣や鎧がすれ違う音と低いざわめきが耳に飛び込んでくる。人の波を遮って部屋の奥へと向かうのは困難だったが、何とか奥の机に行き着く。何人かの戦士が並ぶ列の最後尾につくと、場違いだという気分が余計に高まってきた。

クリフの番になると、机の上に脚を上げている男がぶっきらぼうに尋ねた。

「おう、何の用だ」

クリフは深呼吸をしてから、大きな声を出す。

「あの! し、しゅ、出場したいんですけど!」

「あぁ?」

「え、いやあのぅ……」

左目に黒い眼帯をつけた男が飽きれた顔でクリフを見ている。クリフが大きな声を出したせいで、受付をしていた周りの男たちも振り返っている。クリフは、自分の顔に血が集まるのを感じて動転した。

「いや、その、あの、し、職業の、認定試験ってここでやってるって、その、聞いたんで……」

「確かにやってるけどな。今日は三日だろ? 認定試験は十四日だぜ」

「えっ」

男の呆れ果てたような顔が焦りをかきたてる。どこかで「世間知らずなガキだ」という笑い声がし、いたたまれなさでクリフの頬は紅潮した。

「あの、すみませんでした」

クリフはごくごく小さな声で、ようやっとそれだけを口にすると、まるで逃げ出すように駆け出した。一刻も早く闘技場から遠ざかりたい一心である。後ろから彼らの失笑が追いかけてくるような気がして、クリフは歯を食いしばった。

――ああ、俺の馬鹿! 

目をつぶって足に力を込めた時、突然目の前に影が現れた。避ける間もなく、クリフと影は正面から衝突し、まるで前を見ていなかったクリフは、あっと思う間もなく床の上に転がっていた。

「いって……」

腰をさすりながら見上げると、そこに立っていたのはシキだった。

「すまない、大丈夫か?」

「う、うん。ごめん」

「いや俺は何ともない。で、こんなところで何をしてるんだ?」

「な、何でも……。えっと、シキこそなんで闘技場に?」

「出場しようと思ってな」

「え! だって、シキはき……」

「しっ」

シキはいたずらっぽい目つきで、唇に軽く指を当ててみせた。クリフは口を手でふさぎ、素早く何度も頷く。

「エイル様……じゃなかった、エイルには内緒にしておいてくれ。俺が闘技場で戦うと知れたら、また怒られそうだからな」

そう言いながらも、シキは妙に楽しそうな笑顔を浮かべている。二人は改めて受付へ戻った。クリフは先程の醜態を思うとほんの少し気が引けたが、元来、物事を深く考える性格ではないので、シキについていった。幾人かの列に並んだ後、クリフの時と同じように、眼帯の男がシキに尋ねる。

「何の用だ」

「大会に出場したいんだが」

シキが短く告げると、受付に座っていた男はクリフの時とはまるで違う対応を見せた。まるでそれが当然とでも言うような態度で受付を始める。クリフはそれを見て、胃のあたりがむかむかするような気がしたが、何のせいなのかは考えないようにした。

「前に出場した事はあるかい」

「いや初めてだ」

「じゃあ教えてやるが、出場には銀貨一枚が必要なんだ。勝てば倍になって返ってくるぜ。連勝すれば更に倍だ。試合は一日に一回まで。一勝すると勝利の証、三勝で剣闘士の証、七勝すりゃ勇者の証が与えられる。次の大会は十五日だ。それまでに五勝すれば出られるぜ。分かったら名前と身長を言いな。今までの戦歴もあれば聞かせてもらうぜ」

「名前はシキ=ヴェルドーレ。身長は九サッソ。戦歴は……そうだな、特になしと書いておいてくれ」

「試合はいつでもいいかい?」

「ああ、今からでもいい」

「じゃあ次の試合に出てもらおう。中央通りに闘技場専門の武器屋があるから、剣を買ってくれ。準備が出来次第試合だ。相手はラズー、剣闘士の証を持ってるぜ。せいぜい死なない程度に頑張りなよ」

眼帯の男はそう言うと、口の端を歪めて笑った。欠けた歯がちらりと覗く。

ラマカサの闘技場は技術認定試験と武闘大会、両方の会場を兼ねているようだった。認定試験は生国や両親などが届出と一致している者だけが出場出来、武闘大会は前大会から今大会までに五勝した者だけが出場出来るという仕組みである。

「どうやら俺は、職業認定試験とやらを受けられんようだな」

武器屋で、闘技場専用の長剣を手に取りながらシキが言う。シキは――エイルももちろん――身分を証明することが出来ない。この時代でこそ、生まれた子供は全て届け出るよう義務付けられているが、シキの時代にはそんな制度すらなかったのである。エイルに父親の名を問えば、「エイクス=ヨハネ=シュレイス=レノア、第十三代レノア王」と言うだろうが、第三十七代レノア王が生きている今の時代に通用するわけもない。シキに至っては、その出生すら不明であった。彼は子供の頃、曲芸団に拾われ、その仲間に育てられたのである。

クリフはシキの言葉を聞き、やはり自分がやるしかないと決意を新たにした。

「俺が受けるよ。弓は得意だもん。試験は難しいって聞いたけど……でもきっと受かってみせる」

「クリフは急に大人になったみたいだな」

「そうかな」

「何かあったのか?」

「え、うーん……クレオには秘密にしておいてくれる?」

そう前置きして、クリフはアゼとの出会いと酒場での事を話した。アゼのことを一生懸命に話すクリフの頬が、かすかに染まっている。思わず笑いたくなるのをこらえながら、シキは最後までじっと聞いた。

「良い経験だったな」

「今度いつ会うか分からないけど、その時までに認定書を取っておきたいんだよ。だから俺、試験を受けたいんだ」

「そうか、頑張れよ。ただあまりクレオを放っておくと、淋しがるんじゃないかな」

「それはシキさ……シキだって同じでしょ」

「?」

「エイルさ。きっと今日も怒ってるよ」

「またクレオと言い合いでもしてるかもな」

二人はその様子を想像して笑い合った。

「毎度どうも! 試合、頑張って下さいよ!」

若い店員の元気な声に送られ、シキとクリフは武器屋を出た。闘技場までは歩いてすぐの距離である。二人は、小一時間ほど前に歩いた道を引き返していった。等間隔に植えられている街路樹は、その葉の多くが散りかかっている。色づいた葉が、二人の足元で風に踊っていた。立ち並ぶ家々の概観はみな様々だが、屋根は統一して煉瓦作りだ。落ち着いた茶褐色の屋根が、高くなり低くなりして連なっている。

ラマカサは東側が貴族の住居区、西側が平民地区という区分けになっている。その境がこの広い中央通りだった。突き当たりに闘技場がそびえ立つこの通りは、ラマカサで一番人通りの激しい場所でもある。クリフとシキは、中央通りを縁取る秋色の街路樹を眺めながら歩いていった。

「今日が三の日だから……大会まで、あと十二日か」

「いや、確か大会前日が技術認定の試験日になっているはずだ」

「そうだっけ? じゃあ十一日で五勝しなくちゃいけないんだ。シキなら楽勝なの?」

「さあな、やってみなければ分からん。何とか大会には出たいものだな」

「よっし、俺は認定試験に向けて猛特訓しよう! うん、頑張るぞっ!」

クリフは言葉とともに、握り締めた右手を勢いよく突き出した。そのこぶしが、通りすがりの男の腕に当たる。

「あっ」

「いってぇなぁ!」

腕を押さえ、大袈裟な素振りで振り返った男は、一見して町のごろつきといった風体だった。短い上着に腰布をだらしなく巻きつけ、腰には安そうな剣を下げている。髪は濃い青で、目はひどいやぶにらみ。男は斜に構え、シキの顔に見入っていた。クリフの事など、まるで眼中にないようだ。

「おぉ、あんたはこないだの!」

男は突然指を鳴らすと、にやついた笑いを浮かべて近寄ってくる。クリフはようやく、ラマカサに来る前の分かれ道で出会った傭兵だと気づいた。シキはあからさまに不快そうな様子である。

「闘技場へ行くんだな、ええおい。やっぱしな、来ると思ってたんだよ。俺も今、受付済ませたとこさ」

「……」

「相変わらず無愛想だな、あんた。そう冷たくすんなよ、え? お互い、めいっぱい稼ごうじゃねぇか! ひゃはははは! ……そうだ、あんた、ラマカサの闘技場じゃ見かけたことねぇな」

「初出場なのでな」

「あぁん、初めてだぁ? なんでぇ、名のある剣士かと思ったのによ……そういや見ねぇ面だしなぁ。なぁおいあんた、大会出場とか狙ってんのか? ええ、そうだろ、なっ! でもよ、そう簡単にゃぁいかないぜ」

「そうか?」

「おいおい、あと十日で五勝だぞ? ラマカサは強い奴らが集まってっからよぉ、剣闘士の証を取るのも一苦労なんだよ! まあ、せいぜい頑張るこったなぁ。あんたなら結構いけるかも知れねぇよ。ま、俺は二十日間で七勝した勇者だ、俺にはまず勝てねぇだろうけどな、ひゃーっはっはっは!」

青髪の傭兵は言うだけ言うと腹を抱え、下品な声を立ててひとしきり笑った。しかし、その目にふっと強い光が宿る。やぶにらみを余計細めて、値踏みするような目つきで男はシキを眺めた。

「そうだな……俺の見たとこ、あんた三連勝くらいはするんじゃねぇかと思うぜ、正直な話だ」

「三連勝か」

「一回も負けずに三回勝てば、剣闘士の証と銀貨八枚の褒賞だぜ、へへへへ、勝てば勝つほど金が入るってな! ひゃーっはっはっは! たまんねぇなぁ、おい! まっ、そう上手くいくとは限らねぇけどよ。世間を舐めてると、痛い目に遭うぜぇ。俺様が遭わせてやるってなぁ! ひゃははははっ」

「名前くらい聞いておこうか」

「へっ、偉そうに言うじゃねぇか。そっちが名乗らねぇ内にこっちの名を聞こうってのかよ」

「……シキだ」

「シキ、ね。あんまり強そうな名じゃねぇな。俺の名はイマネム。へへ、試合場で会えんのを楽しみにしてるぜぇ」

そう言うと、イマネムは野卑な笑いを浮かべたまま、肩を揺らして去っていった。一部始終を黙って見ていたクリフが、息を大きく吐き出して緊張を解く。

「あー怖かった。変な人だけど……やっぱり強そうだよね」

もう一度溜息を吐いているクリフを眺めやり、シキは爽やかな笑顔を見せた。

「まあ見ていろ」

闘技場の見物席は、無料席と有料席とに分けられていた。当然、有料席の方が舞台に近く、よく見える。金を無駄に出来ないと思ったクリフは、仕方がなく無料席の最前列近くに何とか席を確保した。四つに分けられたそれぞれの試合場で、白熱した試合が行われている。長剣の試合は、しばらく前に終わったところのようだ。

と、司会の声がすり鉢状の闘技場に響いた。闘技場の客席自体が拡声器のような仕組みになっているせいか、それほど大きな声でもないだろう司会の声も、客席の一番後ろまで届くようになっているのだった。

「長剣部門、次の試合を行います。現在五勝しているラズー! 対するは、初出場のシキ! 両者、位置へ!」

その声に導かれるようにして、闘技場の石扉が開けられる。四つの試合場の一つに、二人の男が上がった。クリフの位置からでは、彼らの表情などは全く見えない。しかし、背の高いシキは、遠くの席からでもそれと分かるほどに目立っていた。

――どうなんだろう、余裕あるようなこと言ってたけど、油断してたら負けちゃうのかも……? 

クリフはまるで自分が試合に出るような気分だった。緊張して、両手の指を組み合わせたり離したりしている。

観客は既に五勝し、大会出場を決めているラズーについているようだ。闘技場では四つの試合場でそれぞれ試合を行うので、長剣部門は勝敗が決まっているとでも言うかのように、人々は他の三つの試合に目をやっている。シキに勝るとも劣らぬ高身長の対戦者ラズーは、それが気に食わないのか、下品な態度で唾を吐き捨てた。

ラズーの目に映っているのは、それなりに身体は鍛えてあるようだが、柔らかそうな黒髪に綺麗な顔つきの男である。観客席の女どもがきゃあきゃあ言うのが癪に障る。ラズーは、有料席の客が顔をしかめるのも気にせず、再び唾を吐いた。目の前で剣の柄に手をかけている黒髪の剣士を睨みつける。

――ちっ、こんな優男に負けてたまるか。

試合開始の声がかかり、そして数十秒後、試合終了の合図がかかった。人々が長剣の試合を見ようと目を凝らした時には、既にシキの剣がラズーの喉元に突きつけられていたのである。

観客席からどよめきが湧き上がる。試合を見逃した客は、目線をどこへ向けるべきかまどって右左と顔を揺らした。クリフは、拳を握り占めている。司会がシキを指差し、大声を張り上げた。

「長剣部門、勝利者シキ! これで一勝! 敗者ラズー!」

人々の間から再び大きなざわめきが起こった。ラズーは既に五勝している強者であり、賭けの対象としても人気の選手だったのである。半分ほど埋まっている観客席からは、シキを称(たた)える声が上がり始めていた。シキは乱れた髪もそのままに、投げ捨てた鞘を拾い上げている。剣を振り上げて勝利を誇示するでもなく、客に向かって手を振るでもなく、彼はさっさと選手控え室に帰っていく。後には、ラズーが冷や汗を浮かべ、呆然と座り込んでいるだけだった。

ラマカサの領事でもあり、賭けの胴元でもあるフォマーが、闘技場での事を聞き逃す訳もなかった。人々を圧倒する強さを持った剣闘士が現れたという話は、その日のうちにフォマーの元へと届けられた。

「ラズーを瞬殺だとっ! な、何を馬鹿なことを言っておる、あやつは大会出場権も獲得しておる強者だぞ」

フォマーは広い執務室に響き渡るような声で怒鳴った。

「しかし、それが真実です。私も見ておりましたが、いやぁ強かった」

フォマーの腹心の部下であるザッツは惚れ惚れとするような表情を浮かべた。フォマーはそれを小馬鹿にしたような目つきで眺め、鼻を鳴らしている。

「ふんっ、まあ良いわ。ラズーも足を滑らせたか何かで、不覚をとったのだろう。で、名前は何と言った?」

「シキ=ヴェルドーレだそうです」

「よそ者だな、聞いた事もない」

「どうやら毎日出場する予定のようです。登録所の男にそう言い残して帰ったそうで」

「所詮は血気にはやった痴(し)れ者であろう。しばらく放っておけ。私は忙しいのだ、そんな些細な事に構ってはおれんよ、はっはっは」

そう言ったフォマーは、実際、数日もするとこの話を忘れてしまった。自分のお抱えの選手たちが負ける訳がないと信じていたからか、それとも賭け試合の金勘定に忙しかったからか、彼の頭からよそ者の剣士の噂は消えてしまったのである。その間、彼の申しつけ通り、シキは放置されている状態だった。

そして半月近くが経ち、いよいよ武闘大会も三日後に迫ったある日。フォマーは珍しくも闘技場へ足を運んだ。試合の視察という名目を掲げ、大会の掛け金が集まっているかどうかの確認に、である。

フォマーは常に踵(かかと)の高い靴を履いていた。精一杯背を高く見せようとしているからだが、おかげで彼はいつでもぐらぐらと揺れていて、それが更に人々の失笑を買っているのだった。今日もフォマーは口ひげをひっぱりながら、ぐらつく足を踏ん張っている。背筋を伸ばしてふんぞり返っているが、それでも部下のザッツの方がよっぽど高く見えた。ラマカサ領事館には、フォマーと話す時は誰でも膝を曲げなければならない、そんな暗黙の決まりがある。

「今日も試合に出るのか? その、例の何とか言う奴は」

本人だけが重々しいと思っている口調で、すぐ横に立っているザッツに尋ねる。

「はい、確か第三試合のはずです」

「相手は誰だ」

「イマネムかと思われます」

「イマネムと言うと……おお、半年ほど前に勇者の証を与えた男だな? ふむ、奴であれば間違いはないだろう。で? 調子はどうなんだ、ほら、あの……」

「シキ=ヴェルドーレですか」

「そうだ、そやつは何勝くらいしてる?」

「は、三の日から連日戦っていまして、今日は十二の日ですので……」

「何だ、はっきり言わんか」

「ただいま九連勝中です」

「ぬ、そうか。……なっ、何だと! まさか、あれからずっと勝ちっぱなしなのか!」

「仰る通りです。余程の戦士ですな。毎日戦う者自体、滅多におりません。それが連日、それも毎回圧勝で。三日で剣闘士の証、五日で大会出場権、七日で勇者の証を獲得しております」

「そ、そんな事より、九連勝ということは……」

「今日勝てば十連勝、褒賞の銀貨は千二十四枚、まあ金貨で百二十四枚になりますね。恐らくはこの闘技場始まって以来の快挙かと」

やけに冷静な口調の部下を睨みつけながら、フォマーはわなわなと震えるこぶしを握り締めた。何故それをもっと早くに言わんのだ、と怒鳴りつけてはみたものの気分は収まらない。このままよそ者の男が勝ち進み、お抱えの選手がどんどん負けては町の笑い者である。額に脂汗を浮かべて思案したが、あまり良い考えは浮かばなかったようだ。フォマーは舌打ちをした。

「いいか、十連勝など到底許されん! 次の対戦者はイマネムだったな、ではイマネムに……いや、とにかくその何とかいう奴と対戦する相手に言うんだ、負ければ今までの褒賞は全て取り上げだとな! いいな、分かったか!」

口から泡を飛ばして叫んだフォマーに、ザッツは片眉を上げただけで対応すると、軽く一礼して歩き去った。フォマーは必要以上に大きな声を出したせいか、肩で息をしながら特設の椅子に歩み寄る。転ばぬように細心の注意を払いながらその椅子、闘技場の石舞台がよく見えるように高く作られた椅子に腰かけた。椅子に座ると、フォマーの足は宙に浮いてしまう。両足をぶらぶらとさせながら、彼は突き出た腹の上で短い指を組んだ。それからようやっと落ち着いた表情でひげを引っ張り、闘技場を見渡す。

「まあ見せてもらおうか。そいつがどれほどの腕前か知らんが、イマネムには到底敵わんだろう、うむうむ」

有料席は、試合運びはもちろんの事、選手の表情までが手に取るように見えるほどの距離だった。試合直前、イマネムは余裕の笑いを浮かべている。フォマーは満足げにそれを眺め、再度「うむうむ」と頷いた。

闘技場で使われる剣は刃を研がずに丸くしてあるので、鋭く切れるような事はない。そんな安全な剣とは言え、当たれば激痛が走るのは当然である。陽光が刃にきらめけば、緊張感は弥(いや)が上にも高まっていく。

ようやく試合開始の声がかかり、シキとイマネムは剣を抜いた。むき出しの筋肉に力が漲(みなぎ)る。有料席の観客達は、身を乗り出すようにして試合に見入った。

相手を軽んじていたイマネムは、試合開始後すぐに、その甘い考えを打ち消した。相手の力量が分からぬほどの男は、闘技場で勝ち進むことは出来ない。イマネムは、ラズーが一瞬で負けたのはデマじゃなかったのか、と舌打ちした。口の端に浮かんでいた、人を馬鹿にしたような笑いは消え、鈍い光が両眼に宿っている。二人は互いに隙を見せぬよう、ゆっくりと間合いを取った。そしてそのまま、動きを止める。無料席にいるクリフの喉が、そして多くの観客の喉が、ごくりとなった。

ようやく二人が動いて剣を交え、剣と剣が固い金属音を立てる。その音ごとに、フォマーの満足げな表情が間の抜けたものに変わっていった。余裕の表情は消え失せ、口がぽかんと開き、両目は瞬きもせずに石舞台を見つめている。口ひげと両手のこぶしがわなわなと震えていた。

ついにシキの剣がひらめき、イマネムの顔前で剣がかみ合った、と思うと、イマネムの剣は弾かれ、その胴に剣がめり込む。二つに折れ曲がった体を何とか立て直し、剣を構えようとしたイマネムの手に、再び剣が打ち下ろされた。イマネムは剣を取り落とし、体勢を崩したその首元には、いつの間にかシキの長剣が突きつけられている。

観客席から闘技場全体を揺るがすような歓声が上がった。興奮した司会が張り上げる大声も、観客の歓声にかき消されそうな勢いである。

「敗者イマネム、勝者シキ! シキは破竹の勢いで十連勝、なんと十連勝です! 明日は認定試験、武闘大会は明後日です。賭けるならお早めに!」

舞台上にいるイマネムは濃い青髪を乱し、石舞台に膝をついて息を切らしている。イマネムは、その唇を噛み切らんばかりにシキを睨みつけていた。

「ば、馬鹿な……イマネムは三大会連続で入賞した男だぞ! あの男、何者だ!」

フォマーはそう叫ぶと、息も荒く、乗り出した体を椅子に深く沈める。目の前で繰り広げられた光景を、よく見れば何かの見間違いだったとでも思っているのか、何度も目をこすってみる。が、青髪の傭兵が膝をつき、黒髪の剣士が堂々と剣を鞘に収めているのが目に入るばかりだ。フォマーはしばらくの間、信じられないというように首を振っていたが、やがて力なく息を吐き出した。

「……」

放心したような表情が、徐々に元に戻っていく。フォマーは、悪巧みをするときの癖で、口ひげをせわしなく引っ張り始めた。その両眼が怪しく光っている。

「……よし、こうなればヴァシーリーを出す。強い相手がいないとほざいておったからな。思う存分戦わせてやろうじゃないか。……おい」

短い指を弾き、ザッツを呼び寄せる。ザッツは、そんな格好つけた事をせずともすぐ横にいるのに、と肩をすくめた。

「ヴァシーリーに使いをやって大会に出場するように言え。出る気がないなどと言うだろうが、強者が現れたと言うんだ。十連勝したとな!」

「はい」

「それともう一つ。大会の組み合わせに手を入れろ。どうあってもヴァシーリーとシキで決勝戦をやらせるんだ」

「分かりました」

命令している間も、フォマーは何かを考え込んでいるような表情で石舞台を見つめている。ザッツが去ると、フォマーはその唇を歪めて、にやりと笑った。

目を覚ました時、クレオは何かが始まろうとしているような、そんな予感がした。飛び起きるようにして、勢いよく窓を開ける。途端に、ひんやりした空気が部屋に流れ込んできた。小さな窓からは、ラマカサの町が見渡せる。ちょうど、時計塔から澄んだ朝の鐘が聞こえてきたところだ。青く広がる空に白い雲が浮かび、肌が引き締まるような朝の空気が心地いい。

「ほら、起きなさいよクリフ! 今日もこんなにいいお天気だよ」

「うーん、寒いってばクレオ……窓、閉めてよ……」

「何言ってんの、もう朝だもの、起きなくちゃ」

そう言いながら振り返ると、薄暗い部屋の奥で毛布のかたまりがもぞもぞと動いているのが目に入る。クレオは両手を腰に当てると、鼻を鳴らした。つかつかと歩み寄り、勢いよく布団を取り上げる。

「おっはよ!」

「むー……」

ようやく起き上がったクリフはぼさぼさ頭のまま、寝ぼけ眼をこすっている。クレオはさっさと服を着替え、髪に櫛を通し始めた。いつも通りの朝の光景である。ラマカサに着いてからというもの、クリフは訓練に余念がなかった。夜遅くまで起きているので、朝はなかなか起きられない。肩をすくめるクレオを横目に、クリフは両腕を伸ばして大きな欠伸をしている。

「あーお腹空いた」

「もう、昨夜あんなに食べたくせに。最近クリフってばちょっと食べすぎじゃない?」

「なんだかさ、食べても食べても腹が減るんだよ」

「育ちざかりって奴?」

「うん、シキが言ってたよ。体が急に大きくなってるんだってさ。……あ、今日ってもしかして十四日だっけ?」

「そうよ、何で?」

「うわ、どうしよう! 試験始まっちゃうよ!」

クリフは突然慌てだし、身体に絡まった布団から抜け出そうともがいている。

「どうしたの? 試験って何?」

「闘技場で認定試験があるんだ。弓使いの試験を受けるって言ったろ? 受付は朝の内だけだから、早く行かないと……あっ」

ズボンに片足を突っ込んだところで、クリフは勢いよく寝台から転げ落ちた。布団とズボンとに絡まれながらもがくクリフを見て、クレオは呆れ顔である。

「そんなんで大丈夫なの? クリフったら……」

何とか着替えを済ませたクリフだったが、ボタンを掛け違えたまま、今度は靴が片方見つからないと大騒ぎをしている。クレオと一緒になって探した靴は、布団のかたまりの中からようやく発見された。クリフは急いで足を突っ込む。クレオが肩をすくめていると、シキとエイルが部屋の入り口に顔を出した。

「おはよう」

「あ、おはよう!」

「おはよう。クリフが闘技場で試験受けに行くって言ってるの。エイルやシキも、応援に行く?」

「弓の認定試験か。そうだな、応援に行こう。エイル様……いや、エイルも行くか?」

「うむ。私の応援があればこそ、試験にも受かるというものだろう」

「何それ」

「あはは、そうだね、エイルの応援があればきっと受かるよね」

呆れたような顔のクレオに対して、笑顔のクリフである。その様子を見て、シキは優しく微笑んだ。

「あまり緊張はしていないようだな。その調子で、力を抜いてやるといい」

「う、うん。頑張る」

シキの助言を聞き、緊張した面持ちで頷く。クリフは目を閉じて深呼吸をすると、真剣な表情でもう一度、力強く頷いた。

「じゃ、行って来るよ!」

ハーディスの光が、宿から走り出したクリフを眩しく照らす。清々しい朝の空気と、活気に溢れたラマカサの町の匂いがクリフを包む。体のどこか奥の方から、ぞくぞくするような何かが湧き上がってきて、クリフは震えた。

――これは武者震いって奴だ。

すらりと伸びた両足が力強く石畳を蹴る。旅立った頃には肩までの長さだったはしばみ色の髪は、今はもう風になびく程になっている。背中に背負った矢筒が小さく鳴る音を聞きながら、クリフは弓を握る手に力を込めた。

この地に住む全ての人々を守り、慈しむハーディスが頭上高くに輝いている。冬の風が吹きつけ、冷たさを感じはするが、ハーディスのおかげで心地が良い。ぽかぽかとした陽気の中、クレオとシキ、それにエイルは連れ立って闘技場へとやって来た。

「まだエイルには話してないの?」

クレオがシキにそっと耳打ちする。

「闘技場で稼いでいる事か? まだだ。まあ、明日が大会だからな。そうなれば分かってしまうさ」

「……勝てそう?」

「ん? まあ、やってみないと分からないけどな」

「怪我に気をつけて……ああ、私も痛み止めの魔法くらい使えるようになりたいな」

それを聞きつけたエイルが口を挟む。

「なんだ、魔法の一つも使えないのか?」

「そんな簡単に言わないでよ、じゃああんたは使えるって言うの?」

「馬鹿にするなよ。私ほどになるとな、火の魔法だろうが水の魔法だろうがお手の物だ」

「ふーん、すごいんだ。じゃ、やってみてよ」

「これだから本も読めない庶民は困る。お前たちが考えるほどお手軽じゃないのだぞ、魔法というものは。集中力が要るし、簡単な魔法と言えど、何も準備なしに出来るほど甘くはないんだ」

「なーんだ、出来ないんだ」

「違う! 出来ないんじゃない、やらないだけだ! やろうと思えば火をつけるくらい、この場でだって出来る。私にはたいした手間ではない。だがな、なんで私がお前に見せなきゃいけない?」

「何よ、偉そうに。結局エイルはさ……」

「そんな事より、どこの席に座るんだ? よく見える席がいいぞ、私は。シキ、有料席とやらがあるようではないか、切符を手に入れよう」

「もう……」

快晴の空の下、技術認定試験は淡々と進められていく。競技ごとに、毎回二、三十人の挑戦者が出てきては、いくつかの決められた課題をこなしていった。

闘技場で行われるのは、戦闘系の技術認定ばかりである。体力的にも充実した二十代半ばの若者が多く、そのほとんどが鍛えた身体を持っている者たちだった。彼らは何度も挑戦しては、また自らを鍛え直す事を余儀なくされる。毎回の認定試験に合格するのがほんの数人に過ぎないからである。

まだ十六歳に過ぎないクリフは、他の挑戦者たちに比べて体が大きいとも思われない。しかし彼はもうそんなことを気にしてはいなかった。その全身にやる気を漲(みなぎ)らせ、今、クリフは的当ての指定位置に立ったところである。的は遠く、二アルカッソ以上向こうにあった。体の幅ほどしかない的に、十本中何本の矢が当てられるかという競技である。隣の男はクリフより一回り分厚い胸板と、鍛えた筋肉の持ち主だった。が、緊張して唾を飲んでいる。彼はもう三度目の認定試験なのだった。しかしいまだ、この的当てが苦手種目である。ええいままよ、とばかりに矢を放つが、それはあえなく的の手前の地面に落ちた。

――目を離しちゃ駄目なんだけどな。

見ていたクリフはそう思いながら、自分も弓を構えた。

競技場であろうが、サナミィの森であろうが、彼にとっては同じ事だ。弓を構え、狙いをつけると周りの音がすうっと小さくなる。意識の範疇(はんちゅう)にはあるし、よく聞こえるが、気にならなくなるのだ。クリフは幼い頃から狩りをしていた。子供とはいえ、弓を放つのは、いつだって真剣勝負だったのである。隣の男が「あ、まずい!」と言ったのも、更にその向こうの男が矢を放ったのも、クリフの動作を止める要素にはなり得なかった。凛とした仕草で、彼は矢を放つ。空気を切る矢音が鳴り、小さな競技用の矢は彼が思った以上の威力を持って、二アルカッソ先の的に突き刺さった。観客席から賞賛の拍手が聞こえ、クリフは初めてその顔に笑顔を浮かべた。

クリフは次々と矢を番(つが)え、同じように放った。その内の二本は外したが、結局クリフは八本の矢を的に当てる事に成功したのである。観客からは惜しみない拍手が与えられた。これは、十六歳の少年にしては快挙だったのである。一番驚いているのは、クリフ自身だったかも知れない。自分が思っていた以上に、体は鍛えられていたようだ。弓を支える力も、矢を引く力も、サナミィの森で狩りをしていた頃に比べてずっと強くなっていた。

クレオは、他の挑戦者に紛れることなくクリフを見つけられた。石舞台のどこにいても、クレオにはクリフの姿がすぐに目に止まるのである。しかしエイルは一つの種目が終わってクリフが移動する度に、その姿を見失うようだった。クレオはどこだどこだと探しているエイルに、指で示して教えてやる。

「あそこよ、ほら走ってる。弓の競技なのに走るんだね」

「あ、あっちに張り紙があるぞ、種目が書いてある。ほほぅ、色々やるのだな」

「ちょっと、読んでくれない?」

「何故私が……ああそうか、お前は字が読めないんだっけ。えーと、鋼の弓を引けたら四十点、砂時計の砂が落ちるまでに闘技場を一周出来たら五十点、二アルカッソ先の的に十本中一本当てれば二十点、二本なら三十点……ええいもう面倒くさいな」

「最後まで読んでよ、エイルってば」

二人がそんなやり取りをしている間にも、競技は進む。認定試験は、簡単なものではなかった。どの競技も、挑戦者に要求される事は多い。弓の場合、それは基礎的な体力、力強さ、精確さ、素早さなどだった。クリフは腕力の試験では周りの青年たちに一段劣るものの、足の速さでは誰にも負けなかった。それに矢を射る速さと精確さでも、群を抜いた技術を見せた。出場選手の中でも比較的若い方に類されるクリフだったが、好成績を収めているようである。

クレオにとって、こんなに誇らしいことはなかった。サナミィの田舎から出てきた、世の中の事など何も知らない自分の半身が、観客の声援を受けている。いくら足が速くても、弓を射るのが上手くても、あんな田舎では程度が知れている、とクリフはよく言っていた。世の中には自分より上手い者がいくらでもいる、と。それは嘘ではないだろうが、それでもクリフは今、ここにいる大勢の人々に認められ、誉められるだけの技術を持っている。クレオにはそれが嬉しかった。と同時に、「自分はどうだろう」と思う。体力もなく、字も読めず……。旅をするのに女の身では何かと不都合なんじゃないだろうか。シキは気にするなと言ってくれるが、実は面倒だと思われているのかも知れない。急に息苦しくなった気がして、クレオは胸を押さえた。

全ての競技が終わると、闘技場の片づけが済むまで選手たちは一時休憩となる。観客席のクレオを見つけて戻ってきたクリフを、クレオは精一杯の明るい笑顔で出迎えた。

「すごかったじゃない、クリフ! 私も鼻高々だよ!」

「なかなか見事だったぞ。誉めてやる」

「疲れただろう、よく頑張ったな。発表が終わったら豪勢な夕飯といこう」

エイルとシキも口々にねぎらう言葉をかける。

「あんまり緊張しなかったんだ。他の人が緊張してるの見たら、なんかおかしくてさ」

「そっか、良かったね」

「応援してくれてありがと、クレオ」

「ううんそんな。お兄ちゃんを応援するの、当たり前じゃない」

「クレオの声聞こえたから、嬉しかった。やっぱりクレオがいて良かったなーって」

「そ、そう?」

「それでは、私は必要ないとでも言うつもりか?」

「え、いやそうじゃないよ、エイルの応援も嬉しかったってば」

憤慨するエイルに、焦って言い訳するクリフを見ながら、クレオは思わず笑っていた。応援して良かった、と思う。何もかも同じだったはずの双子の兄が、一人で先へ行ってしまったとしても、自分も一生懸命追いつけばいい。ただそれだけのことだ。立ち止まっていてはどんどん差がついてしまうけれど、自分も歩いていけばいい。必要なら走ればいいんだ。

「弓使いの証、もらえるといいね! クリフならきっと大丈夫だよ!」

クレオは勢いよくクリフの背を叩いた。

闘技場の片づけも終わり、技術認定試験の出場者たちは、石舞台の上で整然と列を成している。その前には領事であるフォマーが台の上でふんぞり返っていた。禿げ上がった頭にハーディスの光が当たって眩しい。フォマーはいかにも偉そうに聞こえる声で次々と名前を読み上げていった。小男がひげを捻りながら眉をぴくぴくとさせている様子を見ると、クリフは吹き出しそうになった。厳粛な様子を装ってうつむき、笑いを堪えていると、周囲の男たちも多かれ少なかれ同じことを考えているようだ。目を合わせては苦笑する。

「……ザーランド、レノア国メンフォン地方ラマカサ出身、二十三歳。クリフ=カース、レノア国マグレア地方サナミィ出身、十六歳。以上の者五人に弓使いの証を与える。えー次……」

フォマーの、妙に甲高い声が言っているのを、クリフはまるで他人事のように聞いていた。しばらくしてようやく顔が上がる。唇を薄く開けたまま、クリフは数回瞬きした。それから顔が緩み、安堵の溜息が漏れる。突然、あまりの嬉しさに飛び跳ねて大声を出したい衝動に駆られたが、発表はいまだ続いている。クリフは再びうつむき、ただ右手を強く握り締めた。

ラマカサの武闘大会は毎年十回ほど行われ、月光の月の大会は通常第九回目の大会という事になる。いつもの大会に比べ、今回は大盛況だった。何しろ、客の入り方からして段違いである。クリフたちは有料席を確保したから良かったものの、無料席はとても座れそうにない状況だった。詰め掛けた客は何とか席を手に入れようとしたが、有料席でさえも最早空いてはいないといった状況である。

シキという、今まで全く無名であった剣士の出現は、ラマカサの人々の興味をそそっていた。ここのところ、大会の優勝者はフォマーの息がかかった者たちに偏りがちで、興醒めといった雰囲気が否めなかったのである。そこへ来て、このシキという選手が今まで誰一人としてなし得なかった、十連勝という偉業を達成した。今度の大会はシキで決まりだという者と、いや強い者は他にもいると主張する者とが表れ、闘技場の賭け金は一挙に跳ね上がっていた。しかしもう一つ、人々を熱狂させる原因があった。ヴァシーリーである。

ヴァシーリーは身の丈が十サッソ近くもあるという巨人で、領事フォマーの大のお気に入りだった。外の大陸出身であり、元は千死将軍と異名をとるほどの軍人であったと言う。この異名は、彼が仕えていた国で戦乱があった時、僅か数十人の部隊を率いて千人以上の敵を全滅させたところからついたという説である。それが真実かどうかは分からねど、ヴァシーリーが恐ろしい、情け容赦もない剣士である事は確実だった。彼はこのラマカサの闘技場で戦うようになってから、既に四人を殺しているのである。闘技場での殺生は禁止されていたが、戦闘中の彼を止められる者はいなかった。不幸な対戦者たちは決勝戦で彼に挑んでは、儚くその命を散らしていったのだった。領事フォマーはヴァシーリーのやり方に眉をひそめはしたものの、その凄まじいまでの腕力と戦闘力に魅せられ、彼に広い豪邸を与えたのである。

武闘大会に出れば優勝するのは決まりきっているので、賭けが成立しない。いくらヴァシーリーがお気に入りとはいえ、フォマーにとって毎回それでは困るといったところなのだろう。強き者にしか興味がないというヴァシーリーは、近頃では己の肉体を鍛える事にのみ時間を費やしているという。

――ヴァシーリーが出場するという事になれば、シキだって勝てはすまい。

――さあそれは分からない、シキほどの強者は見た事がないぞ。ヴァシーリーと言えど、あの鋭き剣先を避けきれるものか。

――いやもしかすると他の者が抜けてくるかも知れん。シキとヴァシーリーとが潰し合いをすれば、分からんぞ。

――だが、ヴァシーリーの今までの戦績を考えてみろ。何しろ千死将軍だ、負けるはずがあるまい。

今回の出場者は十六人と少ない。円形闘技場の石舞台を四つに分け、同時に四試合を行う方式だった。一回戦、二回戦は午前中いっぱいかけてやり、三回戦目となる準決勝戦は午後に行われる。シキが勝ち進んでいく間、まさかこんな事になっていると露ほどにも知らなかったエイルは、ただ唖然と口を開けたままで座っていた。エイルは、シキが闘技場などで金を稼いでいるとは、夢にも思わなかったのである。

――やっぱり、事前に言っておいた方がよかったんじゃない? 

――シキは黙ってて良いって言ってたけど……。

両脇に座ったクリフとクレオは気まずそうに目配せしている。シキに黙っていろと言われたものの、試合が終わった後でエイルが何と言うかと思うと、双子は少々憂鬱になるのだった。

決勝戦は夕方になってから行われることになっていた。領事フォマーの思惑通り、シキ対ヴァシーリーである。人々は石造りの席に詰めあって座り、試合の開始を今か今かと心待ちにしている。その誰もが、どちらが勝つかと興味津々だ。大きな銅鑼(どら)が鳴らされ、観客席から大きな歓声が上がった。石舞台の上には司会の男と二人の選手が上っていたが、身長九サッソのシキと十サッソ近いヴァシーリーに挟まれた司会は、まるで子供のように小さく見える。

「それではこれより、第九回武闘大会決勝戦を始めます。まずは選手紹介を……。こちらがシキ=ヴェルドーレ選手、何と初出場で十連勝を飾った勇者です! ここまでで彼が獲得した報奨金は金貨にして百枚以上。この決勝戦でも勝てば、与えられる金額は計り知れません」

観客席からはシキに対する声援や女性客の黄色い声が上がる。シキの勝利に賭けている男たちは、何が何でもヴァシーリーを破って欲しいと叫び、その精悍な面立ちに魅せられた女たちは賭けなど関係なく、シキの勝利を願って止まなかった。騒ぎが一旦収まるのを待ち、司会が再び口を開く。

「対するは、これまた無敗の男ヴァシーリー! この闘技場に現れてからというもの、千死将軍はまだ一度たりとも敗北を喫しておりません! それでは試合規則をご説明しましょう。えー試合に使われるのは剣一本、時間は無制限です。どちらかが舞台から下りるか、戦闘不能になるか、敗北を宣言したところで勝敗が決まります! さあ、準備はよろしいですか?」

司会がシキとヴァシーリーとに目をやる。シキは気迫のこもった表情で小さく頷き、ヴァシーリーはにやりと笑ってみせた。

「始めっ!」

ヴァシーリーは、対峙した瞬間にその強さが分かるほどの男である。戦闘経験も浅い未熟者ならまだしも、幾度となく強者と剣を交えた事のあるシキには、その強靭さが恐怖すら伴って伝わってくるのだった。そびえ立つような肉体や鋼のような筋肉だけではない。隙のない動きや眼光の鋭さが、獣にも似た野生の強さを感じさせていた。捕まってはならぬと、シキは間合いを取った。油断なく相手を見据え、じりじりと移動する。ヴァシーリーは不適な笑みを唇に浮かべたまま、構えた剣をゆらゆらと動かしている。緊張感が高まっていく。観客たちはみな息を呑んでその様子を見守っている。ただ、時間だけが刻々と過ぎていった。

動いたのはヴァシーリーとシキ、ほとんど同時だった。掛け声と互いの剣がかち合う音が響き渡り、数瞬の内に観客たちが目で追えない程の動きが繰り広げられる。位置を変え、再び剣を構えたままで二人の男は睨み合った。

「こりゃぁ倒し甲斐があるぜぇ……」

灰色の目に嬉しそうな光を揺らして、ヴァシーリーが呟く。シキは視線を動かす事なく、喉を鳴らした。その次の瞬間、ヴァシーリーが一気に動き、獲物を捕らえようと突っ込んできたのである。シキはそれを紙一重で避け、脇腹に剣の柄をめりこませる。そんな攻撃は利かないとばかりに再び剣を振り上げるヴァシーリーと、それをかわすシキ。それからしばらくの間、そんなやり取りが続けられた。観客の間から、興奮した声が幾つも上がる。

「なんだなんだ、逃げるなよ!」

「ほらそこだ! 刺しちまえ!」

「逃げてばっかじゃ勝てねぇぞ!」

――好き勝手な事を言ってくれる。

巨人の太い腕から繰り出される剣戟(けんげき)を必死でかわしながら、シキは舞台上を舞うように動き回る。ヴァシーリーは真正面から突っ込んでくるだけの男ではなかった。力もさる事ながら頭も切れるようである。ついにシキは舞台の端に追い詰められてしまった。かみ合わせた剣と剣がぎりぎりと音を立てて震えている。

――このまま力比べをしていては、立ち位置からして俺の方が不利か。

シキは額に汗を浮かせながら、状況を冷静に判断した。腹に力を込め、より一層の力を持ってヴァシーリーの剣を押し返そうと試みる。ごく間近まで迫ったヴァシーリーの顔を、シキはきつく睨み返した。

このまま押せば勝てる、殺せないまでも舞台から突き落とせば俺の勝ちだ。そう判断したヴァシーリーの目が光る。シキはその瞬間、一気に力を抜いた。勢い余って倒れ掛かるヴァシーリーの大きな身体を素早く避けて回り込むと、ヴァシーリーの方が逆に舞台を背にして落ちそうな形になった。が、ヴァシーリーはこれを踏ん張って耐え、怒りの形相をあらわにして再び剣を振り上げた。

この時、既に形成は逆転していたのである。シキの迅速な動きが、怒って己を忘れたヴァシーリーに勝利したとも言えるだろう。これまで敗北した事のなかった男は、剣の柄で突き落とされて、舞台から足を踏み外したのだった。観客席からひときわ大きな歓声が上がる。人々は興奮の渦に巻き込まれていった。

しかし、ヴァシーリーの最後の足掻きがシキを強襲した。舞台から落ちる瞬間に、彼は手にしていた剣を、渾身の力を込めてシキの足に投げつけたのである。クリフが身を乗り出し、クレオが顔をふさいだと同時に、観客席の女たちが悲鳴を上げた。司会がシキに駆け寄る。司会の男はその足を確認し、大きく頷いた。

「勝者、シキ!」

ヴァシーリーの剣はシキの膝をかすったに過ぎなかった。滲む血を押さえていたシキはすっくと立ち上がり、司会の声に応えるかのように高々と剣を上げる。ハーディスの光が剣にきらめき、また勇者の姿をくっきりと浮かび上がらせている。観客は口々にシキを褒め称え、幾度も歓声を上げた。

ラマカサは、翌日も晴天だった。白い雲が広い空にのんびりと浮かび、暖かな陽射しが降り注いでいる。広場では鳥たちが羽を休め、子供たちが遊びまわっていた。人々は仕事に精を出し、平和な日常の生活を営んでいる。その広場を抜け、整備された町並みをエイルは珍しくも一人で歩いていた。シキは領事の館に報奨金を受け取りに行っているのである。月光の月にしては暖かく、のどかな一日だが、エイルにとってはそれどころではなかった。

「何たる事だ、何たる! 許しがたい!」

などと文句を言いながら、エイルはつかつかと歩いていた。シキが闘技場で金を稼いでいた事を知って怒っているのである。

「貴族ともあろう者が、闘技場であのような者どもにまみれて戦うなどと! 信じられない! しかも、しかもこの私に内緒で、だとっ! クリフやクレオが知っていて、どうして私には言わないのだ!」

どうやら自分だけ知らされなかったことの方が、エイルにとっては重大なようだ。闘技場で試合を見ている間は口をぽかんと開けていただけだったが、試合後、四人で宿に帰るや否や、彼は怒涛のように文句を言いたてた。そうして、今朝も怒りに任せて宿を飛び出し、ラマカサの街をさまよっているのである。どこへ行くという当てもなしに早足で歩いていたが、気づくと街外れまで来ていた。エイルは小さく溜息を吐くと、なだらかな丘に腰を下ろす。膝を抱え、もう一度、今度は大きく息を吐いた。

――何故黙っていたのだ。やはり私は……。

ここまでの旅行の中で、エイルは自分が世間知らずであると、身に染みて分かっていた。彼がレノア城の中で想像していたものと、実際に目にした世界とは大きな隔たりがある。人々の暮らしは、王宮でのそれとあまりにも違ったのだ。少しは慣れてきたものの、服や食事、考え方、価値観、何から何までエイルにとっては信じられない事ばかりだった。その違いは肌で感じても、エイルは慣れた感覚を忘れることが出来なかった。

エイルには誇りがある。それは、王族としての尊厳だった。庶民とは慣れ親しむな、人を使うことを覚えろ。王族として、恥ずかしくないように振る舞え。彼はそう言われて育ってきたのである。親兄弟を失い、城を失い、国を失った今でも、エイルは王族である誇りを忘れるわけにはいかないと自分に言い聞かせていた。

この旅を通して、自分が役に立たないことが痛いほど分かった。しかしそれに屈してはいけない。自分は間違っていない。決して間違ってはいない……はずなのだったが。

「はぁ……」

溜息を吐いて、空を見上げる。と、その透き通った青い目に、何か影のようなものが映った。

「何だあれは? 何かが飛んでいる」

エイルは立ち上がると、黒い影の方へ走り出した。鳥ではない。それよりずっと大きな、禍々(まがまが)しい黒いものが北へ向かって飛んでいく。慌ててあたりを見渡したが、誰もいない。エイルは再び空に目をやると、じっと目を凝らした。物凄い速さで遠ざかっていくそれの姿形を確認した時、エイルは戦慄が走るのを感じた。ほんのしばらくの間、おろおろとしていたが、決心したように身を翻す。街中へ駆け戻ったエイルは、彼にとって最高の速さで領事の館を目指した。

盛大に生けられた花が、花瓶から溢れんばかりに咲き乱れている。領事の館の執務室は、広い空間に机と椅子が一組置かれているだけで、後は多くの本棚が並べられていた。恐ろしく天井の高い部屋に作り付けの本棚は、フォマーの背に合わせて低いものばかりである。執務室の簡素な机には似つかわしくないほどの大きな花瓶に近寄り、フォマーは花の香りを楽しんだ。いつものように背の高い長靴(ちょうか)を履き、更にめいっぱい背伸びをしないと花まで届かないのだが。

「ふむ、いい香りだ。さてシキと言ったな、昨日の戦いは見事であった。誉めてつかわす」

「光栄です」

「早速褒美をとらせよう、これ執事!」

太く短い指で、机の上に置かれている鐘を鳴らした。高価なガラスで出来た鐘は、涼やかな音で屋敷に響く。十を数える暇もなく、執事が現れた。その両手に白い麻袋を捧げ持っている。執事は黙って進み出ると、その袋をシキに手渡した。

「それが闘技場で稼いだ分全てだ。ずっしりと重かろうな、はっはっは。……そこでものは相談だが」

言葉だけで笑ったフォマーは、シキににじり寄った。近くまで来ると、その身長差はひときわはっきりする。シキを見上げる形になったフォマーは、眉を寄せて舌打ちした。シキに背を向け、さっさと執務机に戻ると背の高い特注の椅子に座る。その様子は、まるで子供が高い椅子によじ登っているようだった。

「あー、相談と言うのは他でもない。シキ、わしのために働かんか。お前程の力があれば、立身出世も思いのままだ。当然報酬もそれっぽっちの金貨ではなくなるぞ」

「大変光栄ではありますが……旅の途中ですので」

「断ると言うのか? 自分に損な選択をすると後悔するぞ。わしが取り立ててやれば、いずれレノア城の騎士にだってなれるかもしれないのだぞ」

「はあ……。申し訳ないとは思いますが、やはり辞退させていただきます」

「わしの申し出を、飽くまで断ると言うのだな」

「はい」

「……旅をしていると言ったな。一人か? どこの誰ぞと一緒か」

「知り合いと四人ですが」

「どこへ行く? 何が目的の旅だ」

「言わねばならぬ道理がありますか?」

「貴様、それ以上無礼な口を利くと罪人扱いになるぞ。わしはラマカサの領事であり、判事でもあるのだからな。素直に答えろ、さもないと……」

フォマーがそこまで言いかけた時、大きな扉を叩く音がした。フォマーが荒々しい声で応答すると扉が開き、執事が現れた。

「旦那様、表に何やらお客様が参っておりますが」

「誰とも約束などしておらんぞ」

「そう申し上げたのですが……その、こちらのシキ様のお知り合いかと」

「水色の髪の少年か?」

シキが尋ねると、執事は恐る恐る頷いた。

「どう致しましょう?」

「わしは知らんな。礼儀知らずめ、このシキとやらといい勝負だな。捕らえておけ」

「そんな事は俺が許さん」

シキの表情が一変し、彼はその手を剣の柄にかけた。フォマーは焦った顔を見せたが、すぐに勝ち誇った態度を取り戻した。ふんぞり返って机を叩く。

「何だ? わしに手を出そうと言うのか? やれるものならやってみい、その子供とやらがどうなるか……」

シキはその言葉を最後まで聞く事せずに、くるりと背を向けた。

「おい、どこへ行く。その男を止めろ! 衛兵、衛兵!」

フォマーの慌てた声に、すぐさま衛兵が数人執務室に駆け込んでくる。シキは無言のまま足を止めた。衛兵たちはシキを取り囲むようにして剣を抜く。シキは彼らに向かって、怒りを抑えた声で言った。

「貴様ら、命が惜しいなら剣をしまえ」

「な、何を言うか」

「昨日の武闘大会を見ていた者はいないのか」

シキの低い声に、一人の衛兵がはっと息を呑んだ。自分の前で剣に手をかけているのは、千死将軍、無敗の男とあだ名された男を倒した剣士である。他の衛兵たちも、次々と気づいていった。武闘大会を見に行かなかった者など、誰一人いない。目の前にいるのは初出場で十連勝した男。あのヴァシーリーを倒した男である。彼らの身体に寒気が走った。怒りに満ちた緑の瞳が彼らを射抜く。衛兵たちは萎縮し、知らず後ずさって道を開けた。シキは抜きかけた剣をしまい、屋敷の玄関へと向かってゆっくりと歩き去る。

「お、お前たち、何をやっとるんだ、捕らえろと言うのが分からんのか! 追え、奴を行かせてはならん! 子供と一緒に捕らえて牢へぶち込め! わしを侮辱した罪で捕らえるんだっ!」

フォマーは執務机についたまま、口から唾を飛ばしてわめいた。その声で我に返った衛兵たちは、怯えながらも慌ててシキの後を追う。

「だから、何度言ったら分かるのだ! 私はレノア国の王子だぞ、この様な扱いは心外だ! 許さんぞ、貴様ら!」

「あーもう小うるさいガキだな。今、旦那様にお伺い立ててるんだから少し黙ってろよ」

あまりに騒ぐので後ろ手をひもでくくられているエイルは、それでも黙ることなく騒ぎ立てていた。

「私は流言蜚語など言っているわけではない、本当に竜を見たのだ! だからシキに知らせようとこうしてやって来たのに、話を聞く事もしないとは! 傍若無人だ、ひどい話だ、私を誰だと思っているんだっ!」

「うるせえなぁ……」

と、門番がうんざり顔で耳をかいていた時である。シキが玄関に姿を現した。その後ろから衛兵が追いかけてくる。最も、追いついてどうこうしようという気でもないようだったが。

「シキっ」

「すぐにここを出ましょう」

シキは短く言うと、門番を押しのけてエイルのひもを解き始める。押しやられた門番が抗議しようとその肩に手をかけたが、振り向いたシキの表情に凍りついた。

「いや、お、俺は……その、あの」

エイルが、手首をさすりながら愛らしい顔を歪ませている。それを見やって、シキは門番のむなぐらを掴み上げた。衛兵たちが慌てて剣を構えるのも構わず、両腕に力を込める。

「その面、二度と俺の前に出すな。……と、領事に伝えろ」

「は、はいっ」

「おい、待て! フォマー様のお言いつけだ。そこを、う、動くな!」

衛兵の一人が大声で言った。が、シキはそれを無視して玄関の扉を開ける。

「お、おい貴様!」

衛兵たちも追って外へ出たが、それ以上追うつもりはないようだった。振り返ったシキの目には、たじたじとした彼らの、情けない姿が映っている。

「あんな下らぬ領事に仕えるのはよすんだな。早々に命を落としかねないぞ」

それだけを言い残し、シキはエイルとともに屋敷を後にした。

「お帰り、クリフ。ねえねえ、弓は買えた?」

「うん、ほらこれ。弓使いの証があると、本当に、かなり安いんだよ。びっくりしちゃった」

「うわあ、大きいんだね。重い! こんなの使えるの?」

「もちろん! 店で試し引きさせてもらったしね。強弓(ごうきゅう)だもん、遠くまで力強く飛ぶよ」

「すごいなぁ、クリフ。なんか、クリフばっかり大人になっちゃう感じだね……」

「そ、そんな事ないよ。クレオだってエイルに字を教えてもらってるんだろ? すぐに本も読めるようになって、魔法もどんどん使えるようになっちゃうんじゃない? そしたらすごいよね、俺は読み書きなんてすっかり諦めたもんな」

「……ありがと、クリフ」

階下で何やら話し声が聞こえる。宿屋の老夫婦だろうか、かなり慌てた声のやり取りである。

「何だろうね」

「さあ……」

すぐに階段を上がってくる軽い足音がし、二人の部屋の扉を開けて老婆が入ってきた。宿主夫人である。顔色が悪い。双子は眉をひそめた。普段ならはきはきと元気のいい人がおろおろしているのだ。何か悪い事が起きたに違いない。

「あんたたちね、早いとこ荷物を作ってお逃げなさい」

「え?」

「領事がシキさんとエイル君を追っているってお触れが回ってるよ」

「そんな」

「馬鹿な!」

「そうとも、あの人たちが悪事なんか働くもんかね。あたしは信じてるよ。でもね、あのフォマーって男はそういう事をしてもおかしくない奴なんだ。それにね、旅の連れも探せって事らしいよ。ここにいたらあんたたちも捕まっちまう。さ、早く荷物をお作り」

二人は慌てて荷物を袋に詰め始めた。

「ともかく町を出るんだよ。南へ行くって言ったね? じゃあ南門から行くしかないよ。けど……今から町を出ると、山越えは夜になってしまう。気をつけてお行き。山には野盗も出るって言うし、それより怖いクルイークがいるからね」

「クルイークって?」

「ここらで一番恐れられてる獣だよ。すごく大きな狼みたいなもんでね。あたしゃ見た事もないけど、今まで多くの人間が山越えの途中に食われてるんだ。奴らは夜行性だからね、旅人はみな昼の間に山を越えようとするんだけど……」

「そ、そうなの?」

「ああ、でもクルイークだって獣だからね、火を絶やさなけりゃ近づきっこない。火種をあげるから、しっかりと消さないように持っていきな」

「おばあさん……ありがとう」

「いいんだよ。短い間だったけど、孫が出来たようで嬉しかった。いつか、また寄っておくれね」

「クレオ! こっちは荷物出来たよ!」

「あ、クリフ。こっちももう大丈夫。……じゃあ」

乱暴に木の扉を叩く音が、階下から響いてきた。三人は一瞬凍りつき、それからあたふたと荷物を抱える。階下へ降りると、声を荒げた兵士と、宿主のやり取りが間近に聞こえた。

「ですから、彼らはもう居りませんので……」

「嘘をつくな! 弓屋の主人がたった今ここへ向かったと言ってたんだ!」

「いえですから……」

老亭主の声を聞きながら廊下を通り過ぎ、三人はそっと台所へと向かう。台所には小さな勝手口があり、裏通りへ抜けられるようになっていた。宿屋の入り口が込んでいる時などに出入りしているのだという。そこまで来ると、クリフとクレオは頭を深く下げた。

「本当にありがとうございました」

「シキさんとエイル君にもよろしく伝えておくれ」

「はい」

「さ、早くお行き」

双子は同時に頷くと、もう一度頭を下げてから扉を抜け、裏通りへと走り出した。が、すぐに兵士が歩いてくるのが目に入り、慌てて物陰に隠れる。クレオが不安げに言った。

「どうしよう、このままじゃその内見つかっちゃう」

「大丈夫だよ、ほらあれ見て」

クリフが指差したのは、干草を山のように積んだ荷車だった。持ち主と思われる男が近くの壁に寄りかかって一服している。兵士がいなくなったのを見計らうと、クリフとクレオは急いで駆け寄った。男は少し戸惑ったようだったが、二人の話を聞くと親身になって頷いた。

「ああ、お触れなら俺も聞いたよ。全く、今までに無実の罪で捕まった人がどれだけいることか……ひでぇ話だよ。シキさんが悪事なんかするもんか」

「そうですよね!」

「ああそうともさ。大体な、フォマーの奴はいっつも好き勝手ばかりやってやがるのよ」

「それであの、俺たち南門まで行きたいんです」

「そこで待ってれば、二人とも来ると思うんです」

「よっしゃ、そういう事なら俺が南門まで運んでやらぁ。ほれ、荷物と一緒に隠れな」

ほっと胸をなでおろし、クリフとクレオは干草の間に紛れ込んだ。四人分の荷物も、上から干草をかければすぐに見えなくなる。揺れる荷車に乗れたので、双子は安堵した。途中、忙しそうに走っている兵士たちとすれ違ったが、彼らが咎めだてされる事は一度もなかった。そうして南門にかなり近づいた頃。

「あ! ごめんなさい、ちょっと止めて下さい」

懸命に荷車を引いていた男はクリフの声に足を止め、シキの姿を確認すると彼に呼びかけた。

「シキさんじゃねぇか! 無事だったんだなっ」

「何者だ」

「いや俺は怪しいもんじゃねぇ。そうだな、善意の運び屋ってとこだ」

男は胸を張って親指を立てた。荷車の後ろ、干草の間から双子が姿を現して、シキはそういうことかと頷く。エイルはと言えばようやくシキに追いついて、膝に両手をつき、肩を揺らしている。口を開く余裕もない。シキは男に礼を言うと、双子に近づいた。

「良かった、心配していたんだ。……すまん、こんな事になってしまって」

「何だか分かんないけど、大丈夫だよ」

「それより早くラマカサを出ないと!」

双子の頼もしい言葉に、シキは笑顔を見せた。

「俺っちの荷車じゃ、四人は積めねぇなあ。残念だが……」

「ああ。ここまで彼らを連れてきてくれて助かった。感謝するよ」

「いやぁ、シキさんのお役に立てて何よりで……。あの、握手してくれますかね?」

「は? あ、ああ構わんが」

男は、昨日のシキの戦いぶりにめっきり惚れ込んでいるようだった。重ねて礼を言うシキに、図体に似合わずもじもじと照れている。

「フォマーなんてちんけな小男ですよ。気にしやしません。シキさんを助けたって言ったら、俺ぁ町の英雄になれますよ、へへ」

得意げに言う男に見送られ、シキとエイル、そして双子の兄妹はラマカサの南門をくぐる。より多くの追っ手がかけられている彼らは、一刻も早く山を越えなければならなかった。数人の衛兵ならばシキの相手ではないだろう。しかしフォマーは数十人の兵士を組織していたのである。シンジゴ山脈へ向かう足取りを緩めるわけにはいかなかった。既に、ハーディスは傾き始めている。目指す山脈はすぐ間近まで、その長い影を伸ばしていた。

Copyright©, 1995-2010, Terra Saga, All Rights Reserved.